51yhmwr7vul

"タイムマシンがあったらいつに戻りたい?"という話題で盛り上がる休憩中の堂上班。黙々と仕事をしている副隊長の緒形に、郁が無邪気に訊くと、緒形は手を休め、遠... 続き

コメント

シリーズ完結。

別冊Ⅰと同様に戦闘シーン少なめ。糖分高め。

緒方副隊長の昔の恋が切なすぎて。

シリーズ最終巻
本を読むきっかけとなった大好きな作品

5年分くらいきゅんきゅんぞわぞわしました。

読者

9d968311 98b5 495a b663 7fcdf55957f1A1e991ac 09c1 47ee 9820 784f161ca2920970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a933e980f d1eb 4661 943e ed28672596066f0cf759 8471 424b a55c ca85e5c21345D13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0D1f344e2 7b3f 4362 b3d2 9fc23eeec0c15e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 50人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

約2か月前

D13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0Icon user placeholder113540f5 5b15 4481 9377 a7d6a1f51c57 28