Btn appstore Btn googleplay
41bcders2dl

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた-記憶力を失った博士にとって、私は常に"新しい"家政婦。博士は... 続き

コメント

ほんと、数学って美しい。
哀しくてあたたかい物語でした。
数学を習う学生時代によみたかったかも。

数学って、どちらかといえば人間の情が感じられない冷たいものだと思ってました。でも、この本の数式はあったかく感じました。また読みたい。

好きな本
数学は苦手だけど
数字って美しいんだなと思った

何かを突き詰めた人の言葉って、日常的な言葉でも深みがあるもんなんだろうな。
僕も何かを愛して語りたい。

完全数とか友愛数とか、知らなかった数字の世界に魅了されてしまいました。

不思議な本。淡々としているのにドラマティック。哀しいが、温かい気持ちになる。

数字に魅せられる本
博士も周りの人たちもみんな愛くるしくて、暖かい

一生忘れられ無い一冊。
この本に出会って読書にハマりました。

数学が嫌いな人にこそ読んでほしい本です
数学は取っ付き難いものというイメージが覆ると思います

数字はただの記号ではなく、深めれば深めるほど、その成り立ちが美しいと気づかされた。足し算より早く習いたかった。数学は温かいものであると。

数字は嫌いで苦手。だけど、数字を通して生まれる会話がある。生まれる愛情がある。そう思うと数字は美しい。

愛すべき博士の存在が和みつつ、また涙を誘う。
記憶が80分しか持たないという孤独の部屋にいる博士の背中を想像すると哀愁が漂って仕方ない。

数学大嫌いの文系人間の自分に、スッと馴染んでくる数学の世界。
数学は芸術だったのだなぁ、と気付かされました。そしてこの本もまたフンワリとした雰囲気の芸術的な一冊です。

博士と家政婦とルートとの生活を80分の記憶しか保てないという制限の中だからこそ、より丁寧に大切に描かれているのが伺える。
どんなに記憶を無くしてしまっても博士にとって数学と子供への愛情は揺らぐことのない普遍的な部分であり、追求する事や愛しむ事とは何かを教えられた気がする。
最後は悲しい結末で終わるのではないだろうかと思ったが、どんな形であれみんなが博士の幸せを願っていることに、ほっとして温かい気持ちになれた。

あーあったかい。

博士の数字への真っ直ぐな気持ちとルートを大切にする様子が、温かい気持ちになる。

読んでから数字を見る目が変わりました。

あっ!素数だ♪
てな感じです

数字がなんか好きになった。

淡々としている。数学という無機質なものを媒介とした暖かい物語。

自分と自分の大切な人との間にも奇蹟のような数字の結び付きがあるのかなと探したくなる。

恋人、夫婦、家族ではなくても美しい数学の世界は人と人とを結び合わせてくれる。
目に見えなくても間違いなく世界を、人と人との愛を取り持つ役割を数学は担っている。
それはこのお話に出てくる登場人物たちが証明している。

読者

1123f633 f88f 49f5 a02a ea45aa25e9e1Pdujczx3 normal87cfe666 8732 4056 b84f 64db1529802c8e23ab2e 8079 4001 b42a 94a6b55690f26yksr14k normalE52efqdw normal0a669f78 a2bf 4298 9f0d 694fab3464d706336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67 357人

小川洋子の本

密やかな結晶 新装版

密やかな結晶 新装版

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

この人が薦めるのだから面白いはずと捜した本が見つからず…の時に有名な作家さんなのにそもそも読んだことが無いなと思い、何か一作と背表紙の情報だけで手に取ってみた作品。正直なところここまですごい作家さんだとは思っていなかった。舞台となる架空の島では次々とモノが消滅していく…この消滅の仕方が物理的に無くなるのではなくて人々の記憶から抜け落ちていく、というもので記憶から抜けてしまったものを人々が消滅させる…というか消滅させられる。例えばある花が「消滅」すると人々はそれが何かわからなくなってしまい、その花は物として存在するのだが人には意味をなさなくなるため破却しなければならない。このならないというところもポイントでまとめて燃やしたり川に流したりするわけだがそれを怠ると秘密警察の取り締まり対象になってしまう。記憶をずっと保持できる人もいるのだがそういう人たちは秘密警察に連行されて…という物語。こんな分かりにくい設定〜自分の説明が下手なだけではないと思う!〜の荒唐無稽な物語をこんなに自然に読ませるというのは只者ではない気がする。イデア論とか実存主義とかそういう哲学的な深い背景があるような気もするがそれが鼻につく感じもなく物語世界に引き込まれててしまった。マッカーシーとかオースターとか欧米の作家のデストピアものとは一線を画す静かな物語。素晴らしかったです。不学を反省し、他の作品も読んでみたいと思いました。

3か月前

甘い罠―8つの短篇小説集

甘い罠―8つの短篇小説集

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

小川洋子さんと、桐野夏生さんと、高樹のぶ子さんの話が特に気に入った。 恋愛ものの罠ばかりかと勘違いしていた。 男を老人が恐怖に包む罠もあれば、書道家を過去の因縁で陥れる罠もあれば、男女の渦巻く罠もあれば、囀るような心清らかな作家が出てくる話もある。 ジャンルの違う料理を1度に食べたような、不思議な気持ちです。

7か月前

洋子さんの本棚

洋子さんの本棚

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

本を語ってる…かのように見えて、その実、彼女達の深い考えが幾たびも語られる…そんな「目から鱗」な作品でした。 取っ掛かりは小説や映画なのですが、そこに出てくるキャラクターの奥に潜む感情面をあますことなくすくい上げて、それを今度は自分達や周りの人達といった「一般化」して日常に落とし込む…わたしはそこまで深く本を読めてるだろうかと、急に恥ずかしくなってきます。子供の頃や学生の頃に読んだ本で衝撃を受けたものを、大人になった今再び「何故衝撃を受けたのか?」を紐解き直すという作業の凄さに驚きました。 それもこれも、2人の洞察力・読解力の高さによるものなのですが。 この本の中で紹介されてる作品も、いつかは全て読み尽くしてみたいですね…!

1年前