51ru3ybf2ml

お金でもキャリアでもない。 生きる手ごたえと確かなつながりで、 地域をリアルに盛り上げる 若きローカルヒーローたち! 「豊かな社会」の尺度が変わる、若者... 続き

コメント

ローカルヒーローという言葉に、グッとくるようになったのはいつの頃からでしょう?価値観が変わったということか?日本がようやく踏み出す新しいモデルにして、長らく続いてきた日本モデルからの転換なんで、それこそ手探りな訳ですが、若者に活力があるのはいい社会だと思います。

d design travelとソトコトは、最近興味深く読む雑誌になっている。その後者、ソトコトで編集に携わった方の新書。故郷から東京へ出て働くのが一般的で、そこからまた帰って来るU,Iターンの活躍もまだまだ多いけれど、ソトコトの場合20〜30代を中心に田舎を盛り上げるひとたちが主人公になっている。いっとき、アニメやゲームで好きな作品があって、そこで暮らしてみたいが叶い、定住から結婚、そして町の一員にとなっている。こばやしたけし先生の『地方は活性化するか否か』(ちかすい)ってコミックで地方創生の難しさを謳っているけれど、政治面ではなく、豊かな生活を創っていく若いひとの活躍を筆者は見ている。自分も一大決心をつけて地方に住んでみたいなって思うことがあったが……(障害者にできるかな?)。

読者

6caec62e d0bf 4892 929f d76bfe36e96477d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326174912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab419827526 a639 4044 9981 d86c526cb75039ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0 7人

社会

シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場

シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

michi

建築設計事務所勤務

すでに真っ只中の人口縮小社会において、シェアは必然的な考えとなって来ています。 行政は税金をなるべく使わず、市民が自主的に良い事業を始めてくれることを歓迎し、公共性を行政が担保してくれる時代は終わりに近づいて来ました。 地方でコミュニティは未だ守るべきものとしてありますが、ある程度の流動化は必要で、バランスの問題であり、持続性としてもリスクが減ります。シェアはリスクを軽減させるという手段です。 そんな興味深い議論が行われた5年前の記録です。

約17時間前

2f501b5f 9d2b 4ce8 99ba 623e2cb4dd7e4819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d
LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

100歳まで今の生活を維持しようとすると、今の時間の使い方やお金の使い方を考え直さないといけないと感じた。

3日前

D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1f 140