Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
414egcmhd2l

長く付き合った男と別れた。だから私は作る。私だけのために、肉汁たっぷりのラムステーキを!仕事で多忙の母親特製かぼちゃの宝蒸し、特効薬になった驚きのピザ、離... 続き

コメント

どれもおいそうなこんだてばかり&その料理と作る人だったり食べる人の日常など。
お腹へるかもよ〜

載っている料理をつくってみたい。

私が所持している小説の中でもお気に入りの一冊。
角田光代さんの描く、人と人との繋がりや、あたたかいごはんがたまらなくやさしい。前向きになれるお話が詰まっています。
嬉しいレシピ付き。

最近、俄に料理修行を始め、じわじわハマりつつある私にぴったりの、おいしい手作りごはんを巡るレシピ付き連作短篇集。失恋して、もりもりラム肉を食べたり、家事に疲れ果てたときに旦那さんがミートボールシチュウを作ってくれたり、それぞれけっこうあっさりしてるんですけど、読後ちゃんとほっこり笑顔になれて、料理中の待ち時間なんかにもぴったりです。驚いたのは著者が鶏肉と豚肉の区別もつかないところから26歳で料理に目覚めたという後書き。私と同じ年!料理によって生活に彩りが増していく感じ、私も漸く実感中です。

読者

1a58a418 9404 4011 85da d661916a181fE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e014738aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e05d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60Ed6cbd54 f4b0 4bcc a6e9 354962baeb62C8446d58 c4a1 4580 b3d3 91bd25e8e0e2 15人

角田光代の本

41odvnuovvl

八日目の蝉 角田光代

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

やはり傑作ですね。。。気づいたら単行本出てからもう10年経っているが、小説としての深さと問いかけの強さはまったく失われてない。文庫版の池澤夏樹の解説も興味深い(「これは相当に過激なフェミニズムの小説なのである」)。映画は未見なので見てみたい(やはり構成はかなり違うらしいですね)。

23日前

50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f168b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9D41068d7 ce14 4c37 9bcb 46deb28e8826 49
51krfylfvul

ベスト・エッセイ2017 角田光代

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

佐藤究さんの「勝負師のスパイス」というエッセイが面白すぎる。若い頃、通い詰めていたカレー屋の味を再現しようと、S&Bディナーカレーに様々なスパイスを加え、試行錯誤する話なのだが、結末が衝撃的。たった2ページちょっとの文章だが、その虜になり、何度も読み返してしまった。

約2か月前

648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f