51191c0153l

地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者ルイーズは、まったく異なる言語を理解するにつれ、驚くべき運命にまきこまれていく…ネビュラ賞を受賞した... 続き

コメント

書店に勤めてた時、早川の営業さんに「SF読んだことないんだけど、オススメはどれ?」って聞いて、教えてもらった。今でも本棚の一等地に置いてある、大好きな小説。

8つのSF短編。1つ目「バビロンの塔」が強烈に面白くてテッド・チャンへの期待が高まる。表題作「あなたの人生の物語」では意味図示文字というのが出てきて興味をそそられた。私たちは発話と同じ形態で思考言語を用いるけれど、そうでない方法があり得、私たちの認識世界を変えうるなど。面白い発見に満ちていた。

『スローターハウス5』の皮をむいて言語学と物理学と母娘愛で味付けした表題作が絶品

なんとなく円城塔を思い出す ストーリー自体が構造を物語るというおもしろさ SFとかにくくらずにふつうに安定しておもしろい 思考実験めいた作品も大変たのしめました

バビロンの塔
あなたの人生の物語
人類科学の進化
地獄とは神の不在なり
顔の美醜について
が好みでした

円城塔も作品の覚え書きを書いてほしい

映画原作として読もうと決めたのだが短編の中に存在する「ルール」を紐解くのに毎回時間を要した。そこが紐解かれると中毒性のあるストーリー展開。好きなのは「理解」だけど、まず読んで頭に入ってくるのは「地獄とは神の不在なり」ではないだろうか。

SFの、科学技術の発展に付随する倫理的な問題を作品を通して指摘する手法は、読者の視野を広げ考える機会を提供してくれる。私がSFを読むときに得られるのはそうした四角張った理解と、単に想像を膨らましてワクワクする楽しみなのだが、この2つを同時に満たす上質な作品はなかなかなく、したがって本作はとても貴重な一冊だと思う。

物語はシンプルで、その物語の意図を表現する精度の高さにびつくりするのです。

P249 人類が直感的に見いだす、運動エネルギーや加速度といった物理的属性はすべて、時間の所与の瞬間において物質が有する固有の性質だ。そして、それらは事象の時系列的、因果律的解釈へと導かれる。ある瞬間から生じる、つぎの瞬間。原因と結果は、過去から生じる未来という連鎖反応をつくりだす。

読者

40deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f61dad1a5 21f1 40df 80e8 d5035fade3a1Ac667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdIcon user placeholderAea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91b3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662F77aadac bcbc 49f5 b1e1 309148993030 38人

テッド・チャンの本

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

Akiaivjyeuyp25rambwa

田中 元

ライター。購入記録等。

間もなく公開の映画『メッセージ』が気になるので、原作となる本書表題作、が載ってる『SFマガジン』2001年9月号を引っ張り出して読む。ヴォネガット『スローターハウス5』とシモンズ「夜更けのエントロピー」を掛け合わせたようなイメージ。これをどうやって映画化したのか気になる。

約1年前