Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
517 ixclpkl

コメント

読書芸人(?)の若林さんがMCを務めた「ご本、出しときますね?」が文章化されたのが本作。
昔全く違う番組で、作家さんって面白い人が多いんだなって思ったんです。この番組は見てなかったけど、色んな作家さんの面白い部分が見えるかもって思って手にとってみました。
MC含め、みなさんめっちゃ面白い笑 私が考えたことない視点で物事を捉えたり感じたりしていて、それはもうびっくりとともに笑いが出て来てしまう勢い笑 私はコンビニ人間の作者の村田沙耶香さんの回が好きです。
本好きの人はもちろん、若林さんの言葉にもありますが、本を読むのが苦手って方にも読んでほしい。本当にトークショーのように構成されていて面白かったです(^^)

2017.05.17

人気作家さんの考え方や個性が見えて面白い。
テレビ番組を書籍化したものなのでサラッと読めて通勤のお供にオススメです。

毎回トークテーマに合った1冊を紹介してくれるので、新しい本との出会いもあって読書好きには1冊で2度も3度もおいしい感じ。

読者

11310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccfF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eF57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c 5人

の本

51e71q pp6l

北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27 

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

外面がよくて家族に対しては不機嫌っていうの、スウェーデンでもあるんだね、、、よくないよくない。自分のやりたいようにやる、なりたい自分にちゃんと向かってる?とか、自分との対話を大切にしたくなる本でした。それって本当に本当にやりたいこと?とか。周りの意見に振り回されず、しっかりと自分の人生を歩ける人になりたいと思います。

約1か月前

9fca3408 8e39 43a7 a274 4d021348c8fa4be00099 6a49 422b b958 7309b918bab04dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c3
61n1wmhurel

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。 川上和人

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

鳥類学者も大変なんだね。鳥って身近な生き物だから、そんなに意識もしてなかったけれど、ちゃんと生態系があって、バランスが崩れれば絶滅したりもする。ちょっと前にスヌーピー島なんて呼ばれたりもしながら拡大を続けた西之島も出てきます。鳥類学者は体力勝負のガテンでもあり、細かい作業が必須なデスクワークの粘り強さが命でもあり、両方できないと務まらないようで、なかなか地味なのに心底大変な学問のようです。この本でさらに、鳥類学者という人たちの存在が広く知られることになると、素敵ですね。

4か月前

8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f3ef4c210 ea7e 4333 990e e66b1e6fbb8f7e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a51 13
51ehdoitbol

さなとりょう 

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

坂本龍馬が好きな方はご存じでしょう。 女達が出会い、闇の事件が浮かび上がってきます。 この二人をよく会わせたもんだと、作家様に感心をし展開を憂慮致しました。だって、前途多難な関係なんですから。笑 幕末に志を捧げた男達全ての 絡めていた糸を解し、絡めた糸を解し。 心病んだ人に対峙していくのは女性なのです。 男達のなんと悲しいことか。 さなとりょうの掛け合いがこの物語を引っ張っていきます。

4か月前

41qru0vjuul

竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記 

97f26bce 7987 4287 a2d2 755d5ad53dbc

miffy

高校生

たった今読み終わって、私は素晴らしい余韻に浸っている。色々な思いが頭の中をすごい勢いで通り過ぎていく感じ。これに関してはひとつひとつ感想を述べたい。 ・竹取物語 読んだことのない話ではなかった。ただ、今回森見登美彦さんの訳で全く違った竹取物語を見ることが出来た。こんなにも鮮やかな作品だったかと目を見張った。 ・伊勢物語 川上さんもあとがきで言っていたが、それぞれが和歌を中心とした男と女の愛のさまをはっきりと表していて、その世界に引き込まれた。また、今まであんなに分厚い本を読んで感じ入っていたことがこんなにも短い(時には1ページにも満たない)文章で伝えられるということに驚いた。 ・堤中納言物語 これにはニヤリとさせられっぱなしだった。それぞれの短編がそれぞれの光を放っていて全く飽きない。また、1000年ほど前の人々の生の暮らしぶりが詳しく描かれておりしばし私の心は現代を離れていたように感じる。 ・土左日記 土左日記はただ男が女のフリをして書いた日記だとばかり思っていたから、はじめに男文字で緒言が入っていることにはとても驚くと同時にそのイメージを大きく変えられた。「文字が果たす役割はそこにないものをあるように見せることだ」という(若干変えてはあるが)紀貫之の言葉が深く胸に残っている。 ・更級日記 これも概要は知っていた。「本が大好きな女性の話」と。そしていつか必ず読もうと心に決めていた。だから、今回読んでみてその考えが非常に私に似ていることにとても嬉しくなった。また、夢と彼女(もしくは当時の人々)の関わり方の現代との違いに驚いた。 こうして書くと私は、驚いて嬉しくなって目を見張ってニヤリとして、と随分感情豊かに作品を読んでいたようだ。今まで古典作品は国語の「問題」でしかなかったから、今回深く味わうことが出来て本当に嬉しい。このシリーズをまたいくつか読みたいと思う。 2016-07-26

約1年前

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca89373fad 49f7 4a17 bbf4 568e7c1a5139A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2 10