51yqtjo4lcl

コメント

高校入学時、大量の教科書と共に買わされた一冊。
しかし、約四半世紀に亘り本棚のエースを守り続けていた一冊。
一編の詩歌の美しさ、瑞々しい言葉、生々しい生のかたち…

自分の心が「老いた」と感じる方にこそご一読をお勧めしたい。
固く積もり固まった角角質に覆われたような心を、ツルリと瑞々しくしてくれる…かもしれない。

詩は人生のいろいろによりそってくれる。
子どもに向けた本ではあるけど、子どもに媚びず、1人の人として情熱を持って語ってくれる茨木さんの姿勢がかっこいいし、優しい。こんな大人に私もなりたい。

僕の財産になった一冊。この本によって、茨木のり子さんと吉野弘さんを知りました。これまで詩は、難解で脈略のない言葉を使っているというイメージが先行して、じっくり味わって読む事が少なかったのですが、「感動が無ければ詩ではない」という視点で読むと、自分なりに作者の意図が見えて来る気がします。

読者

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholder501e60f4 ef51 40cd ac35 6a6b8969642e81da90a8 3ff0 4437 b700 8b20225939f66b546d9f 02ef 4d51 b23f 202a53a11d58Icon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c 11人

茨木のり子の本

茨木のり子の献立帖

茨木のり子の献立帖

Eeef8366 14ea 4103 ae66 bf1437ef2657

いけだまりこ

好きなもの

茨木のり子さん自筆レシピの献立帖。幅広いメニュー。日記抄のページもあり、さすが完結な文章。あこがれの人のレシピなので、作るぞ〜という気持ちになる!

1年前

うたの心に生きた人々

うたの心に生きた人々

13383a77 d786 4abe 899c 02622f23f368

Takumi Nanbu

気仙沼在住の理科教師

4人の詩人を茨木のり子さんが紹介。驚きの生き様が描かれています。自分も、感性に対して正直に生きることをしてもいいんじゃないかなと考えさせられました。生き方って本当はとっても自由なこと!

2年前

思索の淵にて

思索の淵にて

470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f

ayako

幼児教室の先生やってます

詩から散文へ。そしてまた次の詩へ。その流れがリズミカルで心地よい

2年前