Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41l9nrp4bal

臨床医が看護学生と考える「死にゆく患者といかに語るか」についての超・実践的コミュニケーション論。がん告知と積極的治療の中止(Breaking Bad Ne... 続き

コメント

本書は、日本赤十字看護大学一年生後期の基礎ゼミ「コミュニケーション論」において、進行がんの治療を専門とする國頭英夫医師によって行われた講義の記録である。
「医者には三つの武器がある。第一に言葉、第二に薬草、第三にメスである」
このヒポクラテスの言葉の通り、医療者として臨床現場で死を前にした患者に何をどのように語るのか、そのコミュニケーション・スキルを学ぶことが本書のテーマである。

國頭先生が監修を務めたTVドラマ(「白い巨塔」「コード・ブルー」など)を参考に手探りで講義は進むのだが、よりよいコミュニケーションとは何か、ということを先生と学生たちが答えを探す過程で見えてくるのは、医療者と患者、患者の家族とのコミュニケーションギャップである。
バッドニュースを患者に知らせる時の心構え、見捨てないということを伝えるための言葉、表情、態度、部屋や椅子の位置、タイミング…。
ひとつ間違うと患者を絶望の淵に立たせることになる、医療者が背負うものの重さにきりきりと胃が痛む。
本書は医学系の出版社から発行され、読者も医療に携わる人を対象にしていると思うが、大学生への講義なので難しい医学用語も少ない上、丁寧な解説があるので不自由な思いはしないと思う。
むしろ、我が国における終末医療について、安楽死と法制度について、がん告知について、また自分はどのような死を迎えたいのか、家族の死にどのように対応すべきなのか、真剣に考えるための素晴らしい教材になっている。

読者

84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96909b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

新刊

61k0saynarl

出会いなおし 森絵都

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

何度も何度も会ってるのだろうか。 運命的なことなんてまだ何にもない人生だけれど。 この人の書くお話が好きだ、と思った。 出会えてよかった一冊です。

約12時間前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520Icon user placeholderFfbc26e2 2758 4166 a12f 0fee91ae2f9f 8
61m8y0o9nfl

KAMINOGE vol.70 KAMINOGE編集部

C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373

イトウマコト

ハロー 都内で書店員をしておりま…

来たよ!来たよ!ヒロトがKAMINOGEに‼︎今号はマーシーまで‼︎これだけでも買いです。が、プチ鹿島さんのコラムも素晴らしいし(1988年のワールドプロレスリングについて)、カンパニー松尾×ビーバップみのるだなんて素晴らし過ぎるよ!田崎健太の真説・佐山サトルもヤバい。これこそ雑誌よね。

約14時間前