51sba3cat3l

私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤... 続き

コメント

バイブル!
青春とは言えない、でも愛おしいような大学生活が自分のものと少し似てる気がする。

京都に住んでいるのですが、読んでいると実際にこの本の登場人物達がどこかでドタバタを繰り広げているかのような錯覚をしてしまう。知っている地名がたくさん出てきて楽しい。

阿呆極まりない、いつもの森見ワールド。

もし…を具体化した世界の作品…って言っていいと思います。薔薇色のキャンパスライフ。黒髪の乙女。

とりあえず、何も考えずにただただおもしろおかしく読むのが一番かな。考えたって過去は変わらないし。

パラレルワールドの中で生きる、冴えない大学生が主人公の物語。
章構成が秀逸。最後の伏線回収も素晴らしい。

「東に恋する乙女あれば~」の所が好き。
暗唱したいくらい好き。
2017-01-17

どうしようもなく冴えない京都大学三回生の「私」。憧れの薔薇色のキャンパスライフには程遠く、悪友小津、謎の自由人・樋口師匠に振り回され、孤高の乙女・明石さんとはなかなかお近づきになれない毎日。こうなればいっそのこと、ピカピカの一回生に戻って大学生活をやり直したい!さ迷い込んだ4つの平行世界で繰り広げられる、4つの学生生活。京都大学受験生、これから大学生活が始まる新入生には是非とも読んでもらいたい一冊。諸君、大学生活は人生で一度きりなのである。

(2010年読了)
面白かったー!

こういう締め方なのね。最終話好きだー☆

巻末の解説にもなるほどと思った。

いかにアニメ版がテンポ良いのかもわかった。上田さんやるなぁ。

アニメはどんな終わり方をするんだろう?楽しみである♬

今やってる映画夜は短し歩けよ乙女
これを観てからハマりました。
独特の世界観と美しい描写とブラックなストーリー。
一瞬一瞬が見逃せない。
そして爽快な笑。

京都の知ってる場所がたくさんの森見登美彦ワールドって感じで面白かった

アニメから。明石さんが魅力的。もし京大を選んでいたらこんな青春もあっただろうか?

京都に住みたくなる。

京都で大学生活を送りたくなります。登場人物全員が曲者ですが、友達になりたい。特に明石さん。

読者

1f56ff2d 4a03 4ae4 9660 7ed46966fff7Bc8c885b e34f 4422 900d bcf040996b5b7d0741fb 5976 461c b971 dd39c21fcaa95f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fceeEf6e85dc 7be1 48e6 8225 c32a0a38c93446baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730feC38d1c07 ca36 49ca 8ca5 4fe785263481 98人

森見登美彦の本

518nhdhibel
3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

手描きの見やすい地図つきで、街をまわってる感じがあっていい。文学的な要素もあり、飽きにくく、サクッと読める。 主要の観光スポットだけではないので、ぶらりと歩きたい人、ガイドブックまではいらない人にとっては、おもしろい本かもしれない。

2か月前

5f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fcee60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8350daae9f7 0ea7 4eee b3c6 1c17df13f30a
410m56mvqrl
1e17ede1 9229 4f1a 9ee9 e284d218eb1a

ERI

むかし花屋 いまカフェ店員 本…

独特な世界観。言葉のチョイスが面白い。

6か月前

0bee4c8d fbee 404f 97c4 be62a4b6a05f8724483e 7aa6 4ba9 9c09 29a0b722c2deD9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581 42
61esxwolndl
Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

森見先生最初で最後?の対談集。 なかなかバラエティに富んだ対談陣で、モリミーの謙虚さが存分に出ています(笑) 万城目さんとの対談とか、 「仲良しか!」って感じで(笑) ヨーロッパ企画の上田さんとはだいぶしっかりとした創作論を語っていておもしろいです。 巻末の10年前の自分と対談する体の小説も笑えます。

7か月前

51gc5myodvl
Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

森見登美彦作家生活10周年記念作品最終作、 と言いながら13年目に出た本作です(笑) 『きつねのはなし』以来の怖い話ということで、 いやまてよ、『宵山万華鏡』もちょっと怖かったけどあれはノーカウント? まぁそれはどーでもよくて。 ひさしぶりにゾクッとさせられました。 京都という普段見慣れた街で起こる出来事というのが、 また作品世界への没入感を深めてくれますね。 あと怖い話の時は文体がマジになる(笑) 不安な気持ちで連載中の『シャーロック・ホームズの凱旋』を読むと、 「あ、平常運転だ」と安心するんですが(笑) 書き分けの幅広さも森見先生のスゴいところですね。 好きな人の本って、 あっという間に読みきっちゃうんだなぁ。

7か月前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad458c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4cc5f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fcee 83