51vxv7k%2bxbl

パリ・オートクチュール育ちのアメリーは、「日本のきもの」に魅せられた。アメリーの暮らしのヒント。 続き

コメント

去年神戸で日本のパッチワーク作家、宮脇綾子さんの個展を見ていたためか、気になって読んでみました。林アメリーさんは着物を使って服やパッチワークをしている作家さん。一見、普通のお裁縫上手でフランスから日本にお嫁にきたおばあちゃんと見えますが、なんと!ファッション業界ではとんでもないキャリアの持ち主でした。クリスチャン・ディオール、イヴ・サンローラン、ギ・ラロッシュ、それぞれの最初のデザイナー本人がいた頃から一緒に仕事をしていた方なのです!!
そんなことを鼻にかけることもなく、自分が心からステキだと思う生地を使って、パッチワークをしているアメリーさん。魅力的な生き方と作品でした。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

暮らし

シネマ食堂

シネマ食堂

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/4/22読了 食事のシーンが印象に残っている映画は何本もあるけれど、そのうちのかなりの確率で飯島さんがフードコーディネーターをやっている気がする。この本を見ながら、またあの映画が観たいなと思ったり、まだ観たことのない映画のタイトルに、次はこれを観ようと思ったり。楽しみが増えていく幸せな本。

4日前

E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419093bed27aa 14e5 4ef0 a9f2 e20ef264c7920ff73a45 e921 40b1 bf48 d454f369ed17