Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41ds3fzolql

逆風吹きすさぶ広告業界。彼らは顧客に何を提供し、どんな価値を発揮しているのか。博報堂出身の筆者がおくる、現場からの業界案内。 続き

コメント

電博の恥部を洗いざらいさらけ出す!ってなわけではないっす

ちまたの〈広告マン=最強イケてる有能サラリーマン〉という認識を、いやいやそれはもう死ぬほど働いてるただの社畜ですよ。まじクライアントにも、お前ら消費者にもペッコペコですよ。と教えるための本でした。

んなこたぁ分かってらい!!

と思いつつも、現役広告マンたちの今の声をまとめただけでも本として価値があるのかも。なにせあれ以来取材にはかなり神経尖らせてるようで。まぁそりゃそうだよね。

とはいえ、著者もH出身であることが今の職業につながったことを書いてる(内定童貞参照)ので、批判しつつも恩もあるっつう中途半端といえば中途半端。

とはいえとはいえ、一度はその業界にいた人間だからこそ書けること、できる取材もあるので、んーまぁ2社ひいては広告業界の現在を知る上ではよいのかも。知らんけど。いやこれはもう本当に知らんけど。

親の仇ばりに広告批判する本あれば読みたいな。それはもう爆音で走ってくるKPOPの宣伝トラックに石投げつけるくらいのやつ。それはまた別の団体か。

なにかと話題の二社。仕事のスタイル比較から諸々取り沙汰されていることの分析まで、広告業界の裏側がのぞけます。理不尽に耐えて頭を下げて、なにか言われたら「はい!よろこんで!」と従う世界は、およそカイシャという空間ならどこにでもあることかも。就職活動中の方にオススメ。

就活を控える学生におすすめ。
業界の雰囲気の一端を知ることができるかもしれない。

だから、なに?となってしまう可能性もあるので、そもそも広告業界に批判的な方は読まないほうがいいかも。

最後の方は同じ内容の繰り返し。

読者

4eeb58b7 eae2 482e 9f35 d578479b29bb0ddefb70 4488 477d 9660 9258b21db997D59b722c 7730 44db af95 b9fe5a3563ce3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8F4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b0Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdBc8c885b e34f 4422 900d bcf040996b5b806a4a5a c204 4327 bf9c 34a4ffb5482f 13人

中川淳一郎の本

ウェブでメシを食うということ

ウェブでメシを食うということ

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

ネット黎明期から現在まで、「IT小作農」として活動してきた著者の記録。ネットニュースの現場が垣間見られて面白い! ネット人脈の広がり方も興味深いところですが、著作をキッカケに敵対してしまった方々との和解はちょっと肩すかしを食らった気分になります。朝4時まで飲みながら仲間認定されていくようで…。 ネットでお仕事したいと考えている人にはオススメ。

6か月前

488fa777 5208 42d1 a780 fcf82b0a434298bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a827dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5
ウェブで儲ける人と損する人の法則

ウェブで儲ける人と損する人の法則

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

7年も前の本なので状況が変わったかなと思うところはありますが、ネットニュースの作られ方とその質についてはさらに悪化しているかもと感じます。 「ネット文脈ってなに?」と疑問を持ってる人にオススメ。

10か月前