51apfqfa1rl

一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた... 続き

コメント

半分くらい読んだ。
私的には前作の火花より、感情移入できるし、読みやすい。
ラストが楽しみ。

5/15 読み切った。
不覚にも泣いてしまった(笑)

まだ途中だがやはり彼の文や言葉のつかいかたが好きだ。追記・感想:野原すげえ、永ちゃんの確信犯的な最低さ、沙希の狂気的な優しさ、共依存

もやもやっとした気持ちを全部日本語にしてくれていて、「そうそう!こういうこと!」って思う。やるせない気持ち、わかっているのにできないこと、やらなきゃと思っているのにうだうだする、そういう、生きていく中で出てくる煙とかモヤとか、曖昧なとこを突いてくれる。
泣いたっていう人が多いみたいだけれど
わたしは泣けなかったなあ。けど、泣けないからダメってことじゃない。泣ける本が良い本というわけでもないから。

歯を食いしばりながら読んだ。真っ直ぐすぎて見てられない。久しぶりに小説を読んで鼻が詰まった。漱石や太宰の選手名でウイイレやるシーンとか、流石の面白さ。2017.12

恋愛小説だからという理由で購入。(火花は未読)
最初の1、2ページがなかなか入ってこなくて読んで戻ってを繰り返して、ようやく読みすすめられた。
本を読む時はほぼ感情移入するけど劇場はそれがなく、ひたすら読むのみ。でも最後の会話では少しうるっときてしまった。

思ってたよりずっと良かった。又吉さん、やっぱ才能ある。男性作家が描く女性にしては女性が自然で、又吉さんはニュートラルに人間を捉えることができるんだなと。恋愛小説の中では好きな部類だ。

序盤中盤は可もなく不可もないような内容。
終盤はちょっと面白かった。
読破後は余韻に浸れた。

彼女に優しくしようと思う。

素直になれれば楽なんだけどね

彼女は限りなく優しくて、それが一貫してる。

東京百景でも特に印象的だった「池尻大橋の小さな部屋」が、フィクションの力を携えて改めて語られた作品です。
相変わらず切り抜いた一瞬にユーモアがあって、又吉作品は大抵一気読みしてしまいます。
切なくて面白い本でした。

軽く読み始めたのに、ラストで思わず泣いた。火花よりこっちの方が好き。で。これって恋愛小説でいいんだよね?

誰かにとってのまっとうな理屈は、誰かにとっては窮屈な屁理屈でしかないけれど。窮屈な世界に閉じ込められている人はきっと、屁理屈にも気づかない。

読者

Cf88d82e 9abb 4d57 8570 52df3225d04bF239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f0C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585Ef93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070ae77e6c3b1 c70f 4af5 8c8f 91332496f56e8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e454421D9cdcd32 5754 4a04 a1d6 e755715dd96b 102人

又吉直樹の本

火花

火花

6080093b f6c4 478e ab44 307bdfeab0dc

引用しています。

笑えばいいのか泣けばいいのか。切ないけど真っ暗な話じゃなくてよかったです。それこそ線香花火みたいな。

9か月前

3461f976 7283 4644 a020 6250675cff382c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008 60