Btn appstore Btn googleplay
51afmtsjerl

絶対に必要だが嫌われ者…脂肪。 油、バター、ラードほか、おいしさの要であるだけでなく、「豊かさ」(同時に「退廃」)の象徴でもある脂肪の驚きの歴史。 良い脂... 続き

コメント

食関係の素材だったり調味料だったり、何か一つを取り上げて深堀りするこのシリーズに「脂肪」があったので手にとってみた。肥満の一番の原因として忌み嫌われる脂肪だけども、これは別の本でも読んだことがあるけど例えばウサギの肉など脂肪がすくない肉だけを摂取すると人間というのは「ウサギ飢饉」というタンパク質中毒になってかなり酷い死に方をするらしい。その価値がわかっているからなのか太古から現在に至るまで狩猟民族に於いては獲物の脂肪が最も重要とされたし、遊牧民族や農耕民族においてもバターやオリーブオイルなど獲物の脂肪を代替するものが珍重されてきた、そして脂肪が悪とみなされるようになったのはごく最近のことなのだ、ということが説明されている、食に興味のあるひとならかなり楽しめると思います。面白かった。

読者

Da009b9c 3ca1 4a3f 94b0 e520ff01e37b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

暮らし

図解いちばんわかりやすい強迫性障害

図解いちばんわかりやすい強迫性障害

D813a3cb 04c0 4bfc 9e55 97d89fdaf4f9

K2

読んだ本の備忘録につけてます

2021.9.19 読了 書いてあることは納得できるのですが、読む人によってはしんどいかも。 私は少ししんどくなりました。 なのに最後の締めの"気楽にね♪"に少し救われる。

6日前