61fctdpzcvl

コメント

DD51はJR各社が所有するディーゼル機関車。鉄道路線の電化が進む中で次第にその活躍の場を奪われてきた車両だ。このDD51に最後?とも思える活躍の場が与えられたのが東日本大震災での非電化の磐越西線区間を使った石油燃料輸送だった。

DD51はディーゼル駆動であるが故に磐越西線を走ることが出来る。このために日本各地のDD51が新潟機関区に集められる。磐越西線での貨物輸送は長らく行われておらず、運転手も足りず、急坂を上りきることが出来るかどうかもわからない……。

前置きが長くなったけど、ここまでが時代背景。これ単体で読んでも十分楽しめるけど、もう少し状況わかってた方がよりこの作品の素晴らしさを理解できるかと思う。

本作でのDD51の姿は素朴ながらも力強い筆致で、極めてリアルな姿で描かれ、絵本にありがちな必要以上の擬人化もなされておらず、鉄オタ的にはかなりの好印象。緊急時でしか見られない重連で動くDD51の姿にもう泣きそうですよ。

不安視されていた最難区間の急坂部分で、遂に降雪に遭遇。どうすんのよこれ!という事態に思わぬ解決策が講じられているあたり、鉄道関係者の執念を見る思いでゾクゾクさせられた。

東北地方ではこの絵本の読み聞かせが積極的に行われているそうで、もっと多くの方に読まれて欲しい一冊なのだった。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

新刊

511p%2bj6bn7l
47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

大好物は、ハイ・ファンタジー!ジ…

今回も風景が美しい物語だった。 今回は黒い感情、黒い情景が書かれているところが前回との違いで、転換期を思わせる内容。 いつかまた、くろがねに会えると信じて、他の玉妖たちとの出会いをたのしみに。 それにしても、今回も表紙が美しい!

約6時間前

51dinipe6bl
Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

キモい生物(?)を描かせたらピカイチですね。キモさを誇張しすぎるとグロとの境界が曖昧になったりするものですが、キモさだけを強調できる諸星大二郎はやっぱり凄いなあと思った。 汚い大人から脱落していくのでスカッとするけど、この後どうするんだろう。第2ステージに辿り着いた人たちの誰かが脱落したりしてしまったらどうしよう。嫌。 「あたしは好奇心のためなら死んでもいいって思ってる猫なのよ!」のシーンが清々しくて良い。

約7時間前

51zud8lc%2bgl
Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

Tシャツで語る人生劇場には吉本由美さん?村上春樹さん?大竹伸朗さん(大竹文体だ!)?も登場もちろんそれだけでなくホントに呆れるくらいの摩訶不思議な人生色々。孫の年齢は10分に1回聞くけど山口組抗争の事は忘れないおばあちゃんの話イイ!

約7時間前

41toui2a9zl
28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

Xシリーズ最終巻。登場人物たちのクロスロードという感じであり、最終巻としての役割を果たした感じでした! 最後に『うわぁ』ってなるのは、さすが森博嗣ですね。ちょっと切ない気持ちが後から出てきたけどね。

約7時間前