Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41zb4i%2btvll

コメント

「経済学のすすめ」とあるが、その実は日本における経済学の現状に始まり、その歴史、そしてなぜ経済学を勧めるか、を書いているので、経済学の入門書としてこれを選んだ私は大いに見当違いだったが、一読の価値はある。
難しいことは言っていないものの、個人的に読むにはかなりの力を要すると感じたので、熟読する余裕のあるときに全編を通読するのが良さそう。

読者

4395e2d3 78a7 467e b52e 6eade9003831B366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d328b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8 4人

新書

411up6ewy4l

建築有情 長谷川尭

7f63206a dc95 40cd 8345 17cf8697f2ba

Naka Yoshi

山が好きです。

昭和の懐かしい建築を振り返るエッセイ的なもの。 もっと新しい文庫本もあるが、昭和52年版の文庫本の活字の雰囲気が良くて、あえて購入した。

6日前

51kh5dan7xl

生命に部分はない アンドリュー・キンブレル

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当

「生命に部分はない」 大いに納得できるタイトルだと思う 前半は人間部品産業の現状、問題点をこれでもかというほどたっぷり 後半 効率主義、機械論を選択するようになった歴史的経緯から、私たちが生命を機械とみなすようになった理由を知る 最終章では 解決策として、効率主義を超える共感の原則、それに基づいた具体的な指針、施策も提示している 「私たちの生命観自体が、生命を機械とみなすようになったから」 認識を変える必要がある

9日前

1887da38 3934 4a69 9419 3975f33c0161Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3Icon user placeholder