Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51a6j%2bbrisl

コメント

明確に身分が二分化された世界。しかもそれは「能力」えお宿す銀色の血の貴族と、赤い血を持つ普通の人間である庶民という、完全に民衆が虐げられている世界。
主人公は赤い血を持ちながら、「能力」を持つ特異な存在。それゆえに、思いっきり波瀾万丈な運命が回り出す。
帯の「予測不可能な裏切りファンタジー」に惹かれて購入。裏切られたシーンまできて「そういえばあそこの場面が怪しかった!うっわー!」って見事騙されました。
三部作で最後までどう騙されるか、裏切られるのか。
世界は変わるのか、変えられるのか。
メイヴンとカルの兄弟がどうなっていくのか。気になります。
たった1ページだけの挿絵が、第二幕への序章でした。

連続更新3作目。最近ファンタジーばっか読んでます。いや、もともと好きなんですけど。良作多いですよね、この頃。

労働者身分のレッド、と貴族であるシルバー、という明確な2つの身分がある世界でのお話です。レッドの待遇はとても過酷で、シルバーからは奴隷のように使われています。

なにをやったからシルバーになった、とかいう話でなくて、シルバーは異能が身についています。血の色も銀色です。だから、赤い血のレッドと、銀色の血のシルバーなわけです。

そして、表紙の怖そうな娘が主人公。レッドの女の子です。しかも、異能が使えるという。燃えますね。それだけだったら、レッドがシルバーに下剋上をおこなう、という簡単な話なのですがそうでもなく……

表紙イラストでは、主人公が狡猾で残酷なイメージを想像させられまますが、そんなことはなく、作中でずっと悩んで生きています。そんなお話。

3巻で完結らしいですね。邦版はまだ1巻しか出ていないです……

読者

Acdcaad8 b0a4 449b 881e 05ead5e4cec00287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e4747447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a552e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb85815fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cBc1a732c 05be 4489 8164 36b743d655df23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593 13人

文芸

Q&A

Q&A

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

最後まで読むと変な唸りがうまれる一冊。 報われないし救われませんが、こういうのが好きな人にはたまらないのでしょうね。

約13時間前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce
星の王子さま

星の王子さま

7cdadb0a 9ac7 469a be1c 2e34026d4e51

猫中アヤ乃

渋め音楽が好きな人

子どもの頃には分かっていた大切な事、大人になった気でいる部分が確かに自分にもある。星の王子さまには当たり前であっても、ハッとさせられます。 また数年後に読みます。

1日前

ポースケ

ポースケ

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

誰しも心の中に靄がかかったような灰色の部分がある。それを完全ではないけど、どうにか払拭しながら日々暮らしている。 カフェ「ハタナカ」という場所、店主ヨシカが、癒してくれるというわけではない。いつも同じように迎えて、食事を出して、送り出してくれる。いつも同じが、嬉しい。 旅行で訪れた町の商店街のアーケードを歩いていて、ふと見上げた先に「ハタナカ」を見つけれそうな、親近感わく物語です。

1日前

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholder