61qyynsu4ol

麻美の彼氏の富田がタクシーの中でスマホを落としたことが、すべての始まりだった。拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。麻美を気に入った男... 続き

コメント

彼氏の富田がスマホを落としたことをきっかけに、黒髪の美女、稲葉麻美は拾い主の男から狙われてしまう。富田のスマホをきっかけに、麻美の個人情報は次々に丸裸にされていく。一方で神奈川県警の加賀谷・毒島は丹沢の山の中から黒髪の女性の死体を次々と発見する・・・という話。

まずタイトルが怖すぎる。
読む前に色々想像してしまったが、内容はその上をいっていた。
麻美がジワジワと追い詰められていく様子は何とも言えない迫力があった。
そして何より、スマホが悪意を持つハッカー(厳密にはクラッカー)の手に渡ることで、どれほどのことができてしまうのか、思い知らされた。

「スマホや携帯は諸刃の剣だ」という言葉が印象に残った。間違ってもその辺に気安く放置して良い物ではない。

映画の予告を見て面白そう!と思い手をつけました。
刑事の視点と被害者の視点と犯人の視点が交互に繰り返されるので状況を理解しやすいです。
スマホ、SNSといった題材が身近に感じられ自分の身にも起こりそうでなんだか怖い。パスワードの入力を求められたり意味不明なチェーンメールが来たりすることは日常茶飯事だもの、、、
ネット犯罪に無頓着な、自分の身には起こるわけがないと思っている人は特に狙いやすいんだろうな。
普段から勉強しておこうと思いました。
途中からこの人怪しいなーというのはありますが、別の部分でまさかの種明かし。
今やスマホは最高ランクの個人情報源ですね。

なんか先読めるなぁと思って読んでいたら、最後にやられた。一読の価値あり。

帯の衝撃のラストが気になり過ぎて前半がもどかしくなかなか読み進まなかったが、中盤から一気に読み終わるまで入り込んでしまった。

確かに衝撃のラストだった。
デジタルが話の中心にある中で、そういう落ちに持っていくのかという点も面白かった。

2018/10/05 読了

ふらりと立ち寄った(いつものこと)書店で見かけて、気になったので購入。いやいや、面白い。こう、じわじわと追いつめられるのは恐ろしいことですね。
映画になるようですね。ひょっとしたら、映画館で予告編でも見て、それが頭の中に残っていたのかもしれません。もしもそうなら、広告って怖いなぁ。
「あなたの全てを知っている存在、それはスマホです」

読書が苦手な人でもこのミス大賞に選ばれただけあって、さくさく読めると思う。
思ってた内容とは少し違ったけど、読み終わると自分が実際に体験したかのような錯覚に陥いっていい意味で疲れる…(笑)
最後の方にあるiPhone独自の機能を使う場面が個人的にお気に入りです。ぜひ読んでください。

映画になるとは知らずに購入し
読み進めてました 。

刑事 、主人公 、犯人視点があるのは
おもしろかったですが
たまにごちゃごちゃになってしまったので
その点は映画の方が面白いのかな?
って思いました!( ˶˙ᵕ˙˶ )

前半中盤はこれといって進展がなかったので
「ん 〜 …」って感じでしたが
後半はとても読み応えあり一気に
読み進められました (◜ᴗ◝ )

わたしは小説派なので映画は多分
見ないと思いますが
定期的に読み直したいな 、とは
思えない作品でした(‪( ;ᯅ; )‬

読者

Icon user placeholder16496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b73e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3D63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be0a70aa0e 447a 4b88 859a 2019ba852920Icon user placeholderIcon user placeholder5f3f7c7e 2655 4e02 bde0 3381d239c0ca 71人

文学

江戸の備忘録

江戸の備忘録

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

磯田先生の本は面白い。何故だろう、と考えると、視点が庶民や階級の低い武士にあるからだと思い至る。 歴史として学んでくるものは「施政者の歴史」であって、当時を生きた人々のことはほとんど学ぶことがない。本当に面白いのは、人々の何気ない日常の積み重ねなのだろう、と思う。

約9時間前

5dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f48ba47c41 8d13 4110 85ca 92671c6360db
善悪の彼岸へ

善悪の彼岸へ

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86

ashirai

日々、興味はウツリウツッテ。

“麻原彰晃の著作、オウム真理教のメディア表現に通底している特徴を端的に言えば、「美」がないと言うことに尽きるだろう。出家者たちの集う沿いであるはずのサティアンが、美意識など欠片もない工場のような建物であったことを思い出してほしい。 彼らは「美」を知らない。仏教の中に鳴り響いている音色を聴き取ることができない。言葉の微妙なニュースを汲み取り、真贋を見抜いていく能力も、洞察力もなかった。”

約9時間前

赤い靴

赤い靴

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

のんびりとした「あずかりやさん」などのイメージだった大山淳子先生。唐突に起こる殺伐とした殺人と逃避に、少し驚いた。 冒頭の「葵」は精神を病んでいる。そして、山の中の「葵」は憧れるほど強い。 主人公としての「葵」の印象が薄いのは、段落ごとに語る人物が変わるからだろうか? 親とは何か育てるとはどう言う事なのかを、考えてしまう。 唯一、笹本一家に温度を感じる。これが大切な事なのかもしれない。

約9時間前

牛家

牛家

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f50

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

とても面白い!牛家/瓶人の2作品だが、どちらもとても面白かった。 ホラーはコーでなくっちゃ!^_^ のめり込みました。

約21時間前