Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51vspdttutl

米国政府が行っていた大量監視の実態とメディアの役割等をあのスノーデンが明快に解説。後半はスノーデンの顧問弁護士や公安事件に詳しいジャーナリストら日米の精鋭... 続き

コメント

既に私達は監視社会の中に生きている。
勿論、監視される側で。
共謀罪法案は、国家権力を強くはするだろう。
しかしそれが、私達の社会を強くするとは限らない。
専制政治化すれば、暴力的な抵抗と制圧が行われ、そこに費やされるエネルギー分、経済と生活は低下する。
そんな社会にはしたくない。

監視社会である事実を白日の元に晒したスノーデン氏のことは、「そういえばニュースになったなー」くらいの認識で、大問題になって世界中で大騒ぎになったっけな、と思い出した。
という、甘い認識で読み始めてすぐに、根本的な問題は「不法に監視されていて私のプライバシーがない」ということではないことに気付かされた。
民主主義の根底が揺らいでいる、とスノーデン氏は警告したのだ。生まれ落ちた世界が民主主義で、社会の時間になんとなく習ったよね、程度の印象しかない「私には当たり前のこと」は、真実どんなものであるのかをもう一度考えさせられる。

最後の方で紹介されるアリストテレスの言葉にはっとさせられた。
「人々が政府についてすべてのことを知っていること、これが民主主義だ。政府が多くのことを知っているが人々が政府のことを知らない、これは専制政治である。」

民主主義が根底から揺らいでいるこの世界はどこへ向かっていくのだろう。
私たちが注目し、改善し続けなくてはいけない。
日本だって秘密主義な政府だ。人ごとにしてはならない問題であったと再認識させてくれた本。

読者

9dedfb15 cb52 4bbc 8e3f 909e79a4bfcf6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c2f8fb362 ea7d 4890 b6b8 cf4884d5dc9fA01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c15127dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa147447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a5585b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b 10人

社会

不器用なカレー食堂

不器用なカレー食堂

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f

Karma

本は人生の先生でありお友達

人気のカレー屋さんがどうやって生まれたのか。とあるご夫婦のカレー人生が綴られた一冊。いつか食べに行ってみたい。

1日前

B4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f61167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd99 8