Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61 rgetzeil

コメント

誰もが一度は読んでおくべき本だと思います。
なぜしんどいのに会社をやめられない(やめない)のかを知ることができます。この本を読むことで、ブラック企業で働く人や心理的に辛い思いをしている人達の理解に繋がると感じました。人の気持ちはどんなに理解しようと思っても自分1人で考えるだけではなかなか分かりにくい部分があると思います。職場に余裕がなければなおさらです。
自分を含め、人を理解する1つの方法として、この本を読んでみるのも良いんじゃないでしょうか。

このアプリで見つけて読んでみました。
私はこの作者や本に出て来る人ほどではないけれど、転職前の会社はブラックに限りなく近いグレー会社でした。初めて長時間また何日にも渡る残業により手が震え始めて吐き気に襲われた時「あぁ、この先に過労死があるんだな」と思い、さっさと転職を決めました。
私はそうやって冷静に考える力が残っていたけれど、中にはそう考えられない人が多くいることを実感しました。
でも、転職した今、今度は自分の能力と仕事で求められる能力のギャップに四苦八苦しております。。笑 でも、この本を読んで、やっぱりあの時の決断は間違ってなかったと思えました。とりあえず逃げる、をこれからも選択肢の1つに入れておきたいと思います。

読んでいませんが、、
先日、新国立競技場の建設に携わっていた若い方が命を落としましたね
とても心が苦しくなりました
ニュースゼロで又吉さんが
"オリンピックに間に合わなくても、人が死ぬことがない方が良いですね"
っておっしゃっていました
本当にその通りだな
経済成長よりも
技術の発達よりも
なによりオリンピック招致よりも
人の命の方が尊い
もし、主人だったら?って考えると
涙がでる
優しい人が仕事をするのが難しい日本社会になりつつあるように思う
体を壊したり、足を引っ張ったり、妬んだり…
みんなが好きな仕事をして、生活に困らないくらいのお金をもらって、平和に楽しく愛する家族と暮らしていければ良いのに
理想論と言われるかもしれないけど、口にしないと実現なんか絶対しない

真面目な人ほど、視野狭窄に陥ってしまう。頑張らないですぐ逃げる卑怯者になるのは楽だよ。

読者

Icon user placeholderF251ee89 a0d0 4b92 b907 8d92f8f2ec772f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d45014253d4 6080 4951 9119 24735184a696400f8c41 6723 4065 9187 55b3f3d826af27e59b05 ebcc 4133 a0d6 9f0c804cdaee71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9528b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467 31人

ノンフィクション

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b

Misatyu

本が好き

力作です。読むのも時間がかかりました。丁寧な調査と読みやすい文章で読んでいて飽きが来なかったです。ミホの作品も読んでみたくなりました。才能がある芸術家夫婦の狂気のぶつかり合いの最期を長男が「あの二人は、知力も体力もある二人が総力戦をやっていたような夫婦だった。父が死んだことでやっと、母は父を完全にコントロールできるようになったんです」と話しているのが言い得て妙。

10日前

D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b
わたしの酒亭・新宿「秋田」

わたしの酒亭・新宿「秋田」

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

戦前から昭和50年代まで東京・新宿にあった「秋田」というお店、文壇人や編集者、映画界関係者などがよく行っていたという酒亭のおかみさんが書かれた本。お店でのお客さんとの出来事が書かれているのかなと思って読みはじめたのですが、そのことだけではなく。お店を開くまでなど載っているお話を読むと相当苦労されてきたのだなと。戦前に結婚して暮らしていた秋田から子ども二人と上京し、保険の外交員などを経験後お店を開くまで。経済的に苦しい時長男に進学を諦めてもらった話。戦後再び新宿にお店を開くまでなど…。おかみさんの人生が詰まっている本です

12日前