Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61 rgetzeil

コメント

誰もが一度は読んでおくべき本だと思います。
なぜしんどいのに会社をやめられない(やめない)のかを知ることができます。この本を読むことで、ブラック企業で働く人や心理的に辛い思いをしている人達の理解に繋がると感じました。人の気持ちはどんなに理解しようと思っても自分1人で考えるだけではなかなか分かりにくい部分があると思います。職場に余裕がなければなおさらです。
自分を含め、人を理解する1つの方法として、この本を読んでみるのも良いんじゃないでしょうか。

このアプリで見つけて読んでみました。
私はこの作者や本に出て来る人ほどではないけれど、転職前の会社はブラックに限りなく近いグレー会社でした。初めて長時間また何日にも渡る残業により手が震え始めて吐き気に襲われた時「あぁ、この先に過労死があるんだな」と思い、さっさと転職を決めました。
私はそうやって冷静に考える力が残っていたけれど、中にはそう考えられない人が多くいることを実感しました。
でも、転職した今、今度は自分の能力と仕事で求められる能力のギャップに四苦八苦しております。。笑 でも、この本を読んで、やっぱりあの時の決断は間違ってなかったと思えました。とりあえず逃げる、をこれからも選択肢の1つに入れておきたいと思います。

読んでいませんが、、
先日、新国立競技場の建設に携わっていた若い方が命を落としましたね
とても心が苦しくなりました
ニュースゼロで又吉さんが
"オリンピックに間に合わなくても、人が死ぬことがない方が良いですね"
っておっしゃっていました
本当にその通りだな
経済成長よりも
技術の発達よりも
なによりオリンピック招致よりも
人の命の方が尊い
もし、主人だったら?って考えると
涙がでる
優しい人が仕事をするのが難しい日本社会になりつつあるように思う
体を壊したり、足を引っ張ったり、妬んだり…
みんなが好きな仕事をして、生活に困らないくらいのお金をもらって、平和に楽しく愛する家族と暮らしていければ良いのに
理想論と言われるかもしれないけど、口にしないと実現なんか絶対しない

真面目な人ほど、視野狭窄に陥ってしまう。頑張らないですぐ逃げる卑怯者になるのは楽だよ。

読者

2f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d45014253d4 6080 4951 9119 24735184a696400f8c41 6723 4065 9187 55b3f3d826af27e59b05 ebcc 4133 a0d6 9f0c804cdaee71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9528b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467Icon user placeholderFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485 30人

ノンフィクション

41vs6c6w04l

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 詩歩

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ、第1弾。5弾を先日購入したので、せっかくなので1冊目から読み返してみることにしました。 5作目と比べてみて驚きました。5作目はずいぶん情報量が増えたんだなー!と笑 基本的なシーズンとか行き方とかそういうものは変わらず記載されているけれど、1作目の方が少しシンプルでした。そして、こちらの方がそのシーズンに行けば見れそうな、そして雄大な大自然がメインの王道絶景が多いように思います。って言ったって、行くのは難しいですけどね笑 日本の絶景もちょっと含まれているので、初めてこのシリーズを手に取る方にはやはり1作目が一番いいのではないでしょうか(^^)

約2時間前

Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade74b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22abEefde943 359c 4406 a934 873a33443d97
21xkqejr51l

君は小人プロレスを見たか 高部雨市

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

ガキの頃、地元の中学校の体育館に観に行った女子プロレスに彼らは出ていた。予備知識ゼロで行った自分はそのレスラー達の姿に驚き、そしてリング上で繰り広げられるエンターテイメントに爆笑そして喝采した。今でも空手チョップを見舞わせるプリティアトムの「トウ!トウ!」という甲高い声が記憶に残っている。 この作品には小人プロレスの盛衰と、差別との闘いが描かれている。ノッポのジャイアント馬場はプロレスで大成功したのになぜ小人プロレスの選手達はメディアから消されたのか。これを万人が納得できるように説明できる人がいるのか。憐れみか差別の対象でしかなかった彼らが存在をアピールできる場所、いや生活の糧であったはずのリングから遠ざけたのは偽善的な人権団体、そしてメディアだった。 巻末の「解説」を「無敵のハンディキャップ」の著者である北島行徳氏が書いており、そこで斜陽になった小人プロレスと障害者プロレスの融合が検討されたことを知って驚いた。なぜ実現しなかったかは読んで知ってほしい。

3日前

31wxgivzzsl

藤原道長の日常生活 倉本一宏

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

当時の日記から道長という人間と、平安貴族の日常を描く。道長の感情の起伏の激しさや自惚れ屋っぷりは他の資料に(主に『小右記』に)たっぷり記されていて、なかなか人間くさい。雅なだけじゃない生活が面白い。 当時の文学が好きな方は、きっと楽しく読める。

3日前

51cjpejtqel

母さん、ごめん。 50代独身男の介護敗戦記 松浦晋也

D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1

hoshiygc

色々な本を読みたいです

実際に母親の介護を経験したライターさんの書かれた本。介護を追体験できる感じでした。いやぁ・・・本当に苦労されている様子がわかりました。『「死ねばいいのに」が止まらない』介護されている方の正直な気持ちだと思います。科学ジャーナリストさんらしく、最後の考察は我々が皆で考えていかないといけないなと感じました。

4日前