51zwyefvwgl

零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗っ... 続き

コメント

「アキラ」という同じ名前を持つ二人ですが、置かれた環境は正反対。町工場が潰れて夜逃げした経験を持つ瑛と大企業の御曹司でありながら運命から逃れようとした彬。お互い、子どもの頃の体験が原点となり、バンカーとしての姿勢を決めています。てっきり敵対するのだと思っていたのですが、ちょっと違った展開。爽やかだけど骨太な青春バンカー巨編です。
経営者の孤独とバンカーのクリエイティビティは読み応えあり。

池井戸ワールドにどっぷりつかりました。
ドキドキ。イライラ。スッキリ。
あきらとアキラの幼少からの姿が丁寧に描かれていていることで、盛り上がりにおける「あきらとアキラ」の行動が理解出来ました。

期待していたのですが、いつものような爽快感はなかったような気がします。

生まれた環境が違っても皆なにかを背負っている。
優れた兄に負けたくないと意地をはるあまり、破滅に進んでいく弟たち。
最後までどんな展開になるのかわからなかった面白い一冊

読み応え抜群。最高に面白かった!!
何度でも読み返したい一冊。

面白かったぁ~♪

なんか...よりさらに深く人が描かれています。

読者

Cdadd83a 1b3f 45ee a6ce 38d868355a701887da38 3934 4a69 9419 3975f33c0161Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4Caaa5622 9306 4d5c b511 abed3d2d5d07Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b 55人

池井戸潤の本

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

いつも通りの展開。分かっていながら、理不尽な横ヤリにイライラしてしまいます。笑 無人農業用ロボットのエンジンとトランスミッションの開発を中心とした話の副題が「ヤタガラス」なんです! ニクいですねぇ。 根っこはロケットに繋がるのです。 そして下町の心意気が、泣かせます。

14日前

C9243ba4 489a 4ba1 a0c6 ceee7f24722bIcon user placeholder63583b57 9517 41cc 8f98 7a62d763cf34 12
なるへそ

なるへそ

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

ちょっとした待ち時間に読み切ってしまった。 さすがkindle single。 確かに電子でちょっと読むには丁度いい。 話としては、、、 落語じゃん。笑 ご主人の謎解きから、最後のオチが良かったです。

4か月前