41q1vthezel

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女-。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホ... 続き

コメント

幻想的と言うか抽象的と言うかなんというか…。でも、みんなが一度は読むといい本だと思う。ホシノ青年が好き。

「私が私でありながらすきまなくあなたの一部になるのは、とても自然なことだし
一度馴れてしまえばとても簡単なことなの。空を飛ぶのと同じように」

結末は『以外と』って感じです。

先の読めない展開に引き込まれます!

「耳を澄ませるんだ。はまぐりのように注意深く」「ナカタにはそういうむずかしいことはよくわかりません」

村上作品に出てくる男性の生活描写が大好きです。
規則正しい生活、魚を中心とした食事、こまめな洗濯、きっちりと折り目をつけたアイロンがけ、少しの筋トレ、村上さんご自身が専業主夫をしていた経験からなのか、とにかく読んでいて心が穏やかになります(笑)

うまく言葉にできないけれど、世界一タフな15歳であることは間違いない。さようなら、田中カフカ君。

セクシーマザーファッカー

Einstein on the Beach
"浜辺のアインシュタイン"
をもじって
Kafka on the shore

再読。父親にも母親にも愛を与えられず、でも彼らの血は「呪い」のように「僕」の中に流れていて、「自分」というものがわからなくて、立ち止まったり悩んだり苦しんだりするけれど、もがきながらもタフに生きるカフカ少年の生き方に勇気をもらえる物語。

カフカと大島さんと佐伯さん
ナカタさんと星野くん
2つの別々のストーリーが徐々に接近していく。

結果として2つの関係性はイマイチわからず。
ナカタさんが星野くんの手助けで一つ一つ問題を解決しながら、意志というものを持ち始める所で亡くなってしまったのが痛すぎる。
純粋な心で素直なナカタさんとやんちゃながらも人の良い星野くんのコンビはとても面白かっただけに残念。
途中からカフカの方は同じことの繰り返しでつまらなかった。内容もしょうもない。

15歳、自由を夢見て、自由になれない時。そして、その事に気付くとき。

私にとってもそうだった。
だからこの物語自体が、壮大なメタファーだったと思う。

大人になるって、きっといろんな事を許せるようになること。
村上春樹さんにしか書けない青春小説。

読者

Icon user placeholder73421d2a 2686 4fd7 b3fc cd7ee4f264bb507febdf cc04 4a81 879c 833275baed623b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037Icon user placeholderDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab02 110人

村上春樹の本

バースデイ・ストーリーズ

バースデイ・ストーリーズ

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

近年は翻訳家としての仕事のほうが好きな作家がまとめたアンソロジー。これ読んだことあったかな、と思ったので手にとってた誕生日をテーマにした短編集。収録されている作家はラッセル・バンクス、デニス・ジョンソン、ウィリアム・トレヴァー、ダニエル・ライオンズ、リンダ・セクソン、ポール・セロー、デイヴィッド・フォスター・ウォレス、イーサン・ケイニン、アンドレア・リー、レイモンド・カーヴァー、クレア・キーガン、ルイス・ロビンソンに翻訳家自身の作品が一つの全13編。半分くらい知らない読んだことのない作家の作品でこういうアンソロジーって新たな才能を知ることができてよいです。作家というものはひねくれているのか誕生日というテーマで幸福感の溢れたハッピーエンディングな作品は皆無。ダークでそれでいて味わい深い作品ばかりで素晴らしかった。そして最後の作家自身の作品でやっと大昔に読んだことがあることに気がついた(笑)

3か月前

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2Picture4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

村上春樹がよく言う「ねじを締める」という言い回しがあるけどこの本では、95年に書かれた「チャールズ河畔の小径」だけねじがぎゅっとしまった緊張感のある文体で異質感をとても感じる。それ以外はねじを緩めすぎないで温泉につかったようなゆるさ。「チャールズ河畔」から「漱石からくまモンまで」およそ20年以上の歳月が流れており文章の変化を感じるのも面白い。自分は村上春樹の良い読者ではなく長編小説を理解できることがあまりないけど、「雨天炎天」や「遠い太鼓」など初期の紀行文は何度も読み返すほどで、「チャールズ河畔の小径」のねじの締まった感じ例えば以下の文 「僕らを取り囲んでいた深い圧倒的な緑が、少しづつほのかな黄金色に場所を譲っていく。そしてランニング用のショートパンツの上にスウェットパンツを重ね着するころになると、枯れ葉が吹きゆく風に舞い、どんぐりがアスファルトを打つ『コーン、コーン』という固く乾いた音があたりに響き渡る。そのころにはもう、リスたちが冬ごもりのため食料集めに目の色を変えて走り回っている」p.14 なんてものすごく良い。 「女の子たちは芝生の上にタオルを敷いて、iPodを聴きながら、すごく気前のいいビキニ姿で日光浴をしている」 p.14 初出の95年当時にiPodはないと思うけどあくまで初出ということで加筆する前の文章も読みたいところ。

9か月前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7379d6eae37 7d51 46e5 ad0d 74b595ee4726Icon user placeholder 25