61tslrwvawl

コメント

タイトルより表紙に惹かれて買ってしまった、いわゆるジャケ買い本でした。
元軍人でカッコいい系姉さん女房のジークと、可憐で可愛い妖精風夫のリツは、不思議でちょうどいい距離感で共同生活を営む。いつかこの距離感がいい方向に近づいて行くんだろうな、と思うと楽しみになる。
ごはんが美味しそうで、風景が綺麗で、排他的な村の人たちも含めて、物語の中でしっかり息づいているのがすてき。

読者

B989a57d 3ed1 457b b76a 3f1cc1b8f46632c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f6673d1f85f 2b00 49f8 b08d ed5d1b3ba1ed47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55 4人

文芸

51vmzcla4ql
Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

音という刺激を受けると、聴覚と嗅覚が同時にはたらく「嗅聴」という「共感覚」を持つピアノ調律師が主人公の短編集。 主人公は、ピアノの生音に対してだけこの感覚が発動するのだが、その感覚を利用して、ピアノにとどまらずその持ち主の問題までも「調律」していく。 七編中、五編目までは。 六編目で、大きな方向転換がある。 それが、2011年3月11日の「あの日」が、この物語をぎこちなく歪めてしまう。 七編目で、停滞した物語は再び動き出すのだが…。 熊谷達也さんは、仙台市在住とのこと。同じく仙台在住の伊坂幸太郎さんは、「あの日」のことを書かないと宣言している。熊谷達也さんは書くことで、自らの作品に亀裂が入ることもいとわなかった。どちらも、苦渋の決断の末に生まれた覚悟だろう。

約4時間前

B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f82438f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573
51fnstmk8hl
1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d

Ken Gauteau

Editor,

どの短編も、怪奇現象に立ち会っていながら、主人公達が怖がっていないという点で、晩年の人間の記憶の自由闊達さを描いた吉田健一の「怪奇な話」とも似ている。山を動かす魔法使いも出てくる「怪奇な話」よりも、さらにこの本は、青年や中年の記憶にも出てきてくれそうな、普通の、ありうる、ひどく納得できる心惹かれるゴースト達が登場する。都市や記憶のそこかしこに私達の意識がグッと引きずり込まれる一瞬を描くのが本当に上手い。

1日前

8ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f38576bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d51abe3b4 b796 4a19 a1b5 8bcbb45aa011
51hlyvmvc4l
F1a7bbb7 57aa 410b 8a60 2005c4834348

tak

趣味 フライフィッシング 音楽

母親の愛情とは何か、一人一人の個性とは何か考えさせられました。 そっか!私は私で良いんだと

2日前

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564F157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b 16
51wg62mh3fl
Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

血が5、地が3、知が1、痴が1。 あくまでも、私個人の感想です。 こんなブレンドのコーヒーを飲んだら、さぞかし苦いだろうな。でも、猛々しい青春の思い出、家族との愛憎、未熟さゆえの自己嫌悪の味がじわじわしみわたるんじゃないかな。 三作品が収められているが、最後の『雨を見たかい』では、再生の兆しを提示して終わるので、それが後味として残る、馥郁たる香りのする本でした。

2日前