51cs7cndzjl

コメント

歴史学者の視点から、一人の作家の描いた日本史を読み解くという試み。少々担ぎ過ぎでは、と思わなくないが、「作家 司馬遼太郎」の大きさがよくわかる。司馬遼太郎を読みたくなる。

司馬作品を通して、戦国時代から昭和の始めまでを解説した一冊。司馬作品の解説はもとより、歴史的背景、日本国家としての体制や思想の移り変わりが非常にわかりやすく説明してある。

特に明治時代の人(エリートだけでなく、庶民や一介の技術者でも)の自身を犠牲にしても日本をよくしたいという姿勢には、本当に感服するとともに、今の自分の姿勢を恥ずかしく感じてしまう。

それ故にその後の国家としての〝暴走(この本を読む限りだと間違いそう思う)〟が残念に思えてしまう。

とにかく司馬作品が読みたくなるし、他の歴史本も手に取りたくなる著書だと思う。

「司馬遼太郎」を読むための入門書。歴史学者ならではの切り口を期待したのだが、「バーナード嬢曰く。」になってしまっている。
読んだつもりになるには十分な本。

非合理的な思想に縛られ、日露戦争の勝利に奢った日本人が起こした太平洋戦争。この国が二度と同じ道を歩まないために、司馬遼太郎は筆を執った、といった内容。
司馬遼太郎が坂本龍馬や、秋山真之といった合理的な考えを持った人物に焦点を当てた理由に納得。司馬さんの「読み手の人生をよりよくし、読んだ人間がつくる社会もよりよくしたい、という強い思い」をきちんと受け取って行かなければならないなと思った。
とりあえず近いうちに『花神』を読みたいな。

司馬さんの様に膨大な歴史の海を見続けると、人間や社会が幸せになる定石、法則がわかる、そんな大人に近づけたらと思います。

読者

929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c705ad0229 fb02 435f ab07 33f7dcae878d306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04dBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311D431913d 3530 44b9 9bd5 db358ed18c33Icon user placeholder1a6d5dcd 0c82 40ac 8341 dba83db422931056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a 19人

磯田道史の本

江戸の備忘録

江戸の備忘録

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

磯田先生の本は面白い。何故だろう、と考えると、視点が庶民や階級の低い武士にあるからだと思い至る。 歴史として学んでくるものは「施政者の歴史」であって、当時を生きた人々のことはほとんど学ぶことがない。本当に面白いのは、人々の何気ない日常の積み重ねなのだろう、と思う。

10か月前

B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f65dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f48ba47c41 8d13 4110 85ca 92671c6360db