51dprwdss6l

もっとも信頼される名医によって体系的に治療法が書かれた旧版は、版を重ねて現在13刷になります。 しかし、うつ病に関する研究や治療法はこの10年で大きな変化... 続き

コメント

うつ病の体系本。分かりやすいんだけど、どうしても新書は患者実例が薄くなって、病に対する深い部分での納得や理解がしづらくなる。うつ病患者の心情(特に初期)を深掘りした小説があれば教えてください!

読者

5b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa3920e4bda bbbf 4954 bccc b3d1529f62ea4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8D81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4caB32c5f49 cbe0 40c0 b191 a7bcb64a3eae670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858 7人

新書

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

「聖なる巡礼者/俗なる巡礼者」という二分法を丁寧に解体し、「宗教が自明のものでなくなった現代世界において、聖なる場所や聖なるものがどのようにして社会の中に姿をあらわすのか」(p.v)考察した1冊。 聖地は以下の4つの類型に分けられる。(a)制度的聖地、(b)共同体的聖地、(c)イベント的聖地、(d)個人的聖地である。 著者は、多様な価値観や世界観がフラットに存在する現代社会を背景に、個人と個人が何かを共有できる可能性をもつものとして、聖地に可能性をみる。 宗教と社会が新しい関係を結ぶ中で、記憶ー場所ー共同体といった概念が今後どうなっていくのか(べきなのか)、考えさせられます。

8日前

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a