Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41gte%2bxhijl

著者は23歳で北極点から南極点までを人力で踏破、24歳で七大陸の最高峰の登頂に成功した。探険家で写真家の彼は、その後も世界各地を旅し続ける。極地で飲んだ安... 続き

コメント

石川さんの文章の淡々としたところが好きで何度も読みなおしている。
ストックホルムとアフガニスタンの話が特に好き。
一歩前に踏み出す時の推進力の力強さと、しっかりした信念に裏打ちされていそうな洞察に惹かれている。

個人的に、日本で二本の指に入る大好きな男。全ての装備を知恵に置き換えれば、最小限の道具で冒険に繰り出せる。文章に石川直樹の確かな足音を感じられる。

読み始めて数ページで
この人はとても美しい日本語を持っている人だなと思った

「全ての装備を知恵に置き換えること」
なんて素敵な言葉だろう

単純な私は感化されて、今すぐ旅に出たくなってしまう

読者

B96fd855 e753 4b6c a90e 98cae29ae10b978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c247447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaE9055b08 9a8e 4544 8233 280ef79450c3 5人

石川直樹の本

ぼくの道具

ぼくの道具

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

やたらNorth Faceが多いのはスポンサー契約的な何かかなぁ。 頂上アタックのときは下痢止めを飲んで登攀中の便意をおさえるらしい。その辺のおトイレ事情がいつも疑問だったので、少し知れておもしろかった。

約1年前

7f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10deFed224af 7dac 4599 bd00 498e1cf629ee3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50
最後の冒険家

最後の冒険家

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

熱気球で太平洋横断を志し、その途上で消息を絶った神田道夫。彼と過ごした四年半を石川直樹が記録する。空で、海で、自分の死を恐れ命に執着する瞬間が生々しく記録されている。石川直樹の文章は確かな足跡を彷彿とさせるから好きだ。

約2年前

For Everest ちょっと世界のてっぺんまで

For Everest ちょっと世界のてっぺんまで

24a1cb48 1125 4abb 94b1 a36b7246dc1c

ソゲン

写真集、旅、ノンフィクションと呼…

世界を旅することで、今まで見たことがない世界、見たことががない自分に出会う。日常という究極の幸せの一歩先には、もっと面白いことが待っている。世界を旅したくなる一冊。

約2年前