Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51nbcio0syl

コメント

「神の罰」と怖れられるバッタを心から愛し、謎を解明し、そして倒すためにアフリカに行ったバッタ博士の研究の日々を綴った本なのですが、ちょっとまえがきを読んだだけで大笑い。目次を見て笑いが止まらなくなりました。
無一文の危機に陥った際に、京大の総長からかけられた労いの言葉には、こちらも涙。
モーリタニアのババ所長ががホントにステキ。困難な状況に陥っても、対象を好きでいられるかどうかが、研究者としての分かれ道なのかもしれません。
恥ずかしがらずに夢を語るのは夢を叶える第一歩なのだと感じました。

ノンフィクションはあまり読まないのだけど。
笑いながら読めました。
研究成果が知りたいと思います。次の作品で、ぶっちゃけてくれるのかな?

相変わらずのウルドワールドが炸裂してます。「孤独な...」を書いたのが三十代前半。パワーで押しきっていくところは、(もちろん優秀だと思うけど)東研のパワーエコロジーと通じるところもあって、北大DNA 恐るべし。彼も正木進三の孫弟子のようだし。
___
上野周りの常磐線車中でようやく読了。たいへん面白かったが、ウケることを目的にしたのか、専門的な内容はほとんどない。若手バッタ研究者の半世紀てなかんじかな。

昆虫学者の書いた専門書ではなく、ポスドク奮闘記。好きなことをして暮していく苦しさと爽快さ。死活問題なのは分かっているけど、ようやく出会えた群れが地雷原の上を飛び去っていくのを見送るしかできないシーンはドラマチック。

ファーブルに憧れる、行動派の昆虫学者が、深刻な被害をもたらすサバクトビバッタの被害を食い止めるため、そして研究対象のバッタの大群に遭遇するため、アフリカのモーリタニアで奮闘する。
なかなかバッタに出会えず研究ができない、研究費が底をつきそうになる等、うまくいかないことも含めて、研究者のリアルな声が聞けて面白い。
どんなに困難な状況でも、熱い情熱を捨てなければ、必ず味方になってくれる人がいるのかな、と思った。前野さんがどんな研究成果を得たのか、次作が楽しみ。

バッタ本というよりは研究者の日常(?)とアフリカでの生活を面白おかしく伝えてくれる就活本。
そんじょそこらの小説よりも笑えて感動する。とりあえず、ババ所長とティジャニのキャラが濃い。好き。あとモハメッド多過ぎ。

最後の方に書いてある、「夢を持つと、喜びや楽しみが増えて、気分よく努力ができる」という言葉に成る程と思った。

読者

B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c89e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6ddC9ad7b89 a817 4c3f b339 f6caacecb396200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eDbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f 36人

前野ウルド浩太郎の本

51scdpfm7ll

バッタを倒しにアフリカへ 前野ウルド浩太郎

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92

Ritsuko

本の街 神保町で働いています。

虫好きなので、「バッタ研究のフィールドワークのお話なのね」と気楽に手を取ったこの本。そんなもんじゃなかった!! 誰もやってなかった研究のゼロからの立ち上げとお約束のトラブル、モーリタニアの人たちとの協働、野外調査でのヤギの調理、研究を続けるための費用捻出… そう、この1冊で、サイエンス、グローバルコミュニケーション、アウトドアライフ、就活、夢の叶え方、落ち込んだときの対処法…などなど何冊分もの知がつまってます。 しかも、小説のように読みやすい文体。いや、テレビのイッテQを観てるような軽いノリ。天才か! 前野さん。売れてるわけだ。 すべての方々にオススメです、元気でます。

約2か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C1d67d44 389e 4f67 845c 3481cb6c8677632383ed 6e1b 4578 882c a2dc1fb70cb5