Btn appstore Btn googleplay
51r7hv06mql

士族の家に生まれた綺堂が、幼少のころに住んでいた旗本屋敷は、有名な幽霊屋敷だった。この世に怨みをもって出る日本の幽霊とは異なり、中国の幽霊は一見なんの縁も... 続き

コメント

夜な夜な集まって、一人一人が、お話を披露する構成。中国古典の怖い話や不思議な話がたくさん。優れた作品!おもしろいよ。読んでみて!

読者

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43

岡本綺堂の本

玉藻の前

玉藻の前

C0e65e21 f802 4673 8ce2 e8f67164a988

りな

慶應文 三田文学塾生会 シナリオ

藻は色んな男をたぶらかしてこの世を掻き回そうとしているけど、そんな中でも千枝まへの恋心(恋心なんてかわいいものじゃないが)がまさってしまうのが妖怪ながらもいじらしいものを感じましたー 千枝松も師匠と藻の間で揺らぎながら最後は藻を失ってしまったことを後悔する…とても切ないです。 殺生石のシーンは岡本綺堂お得意の心中ですね(あの場面で2人は永遠に一緒になれたと捉えるべきでしょうか?) これは怪奇小説ではなく恋愛小説だと私は思います

約2年前

半七捕物帳 01 お文の魂

半七捕物帳 01 お文の魂

9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7

Mecon

名古屋暮らしの大学生

お江戸言葉が粋な、日本版ホームズといった感じのミステリー。テンポの良い展開でさくさく読めてしまいます。

6年前