Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51t0pnfik3l

コメント

建築に対して「生きる」という形容詞が使われるのは珍しい。信仰の場として古くから人の暮らしと関わってきた山岳における建築、特に山小屋の建築の歴史を紹介した本。
筆者は、山小屋の建物を「近代以降のもの」ではなく、「近世以前から育まれてきたもの」として捉える。近代登山(山登りを純粋の楽しむレジャーとしての登山)の普及に伴って整備された山小屋のなかには、それまで信仰や生業のために利用されてきた建物を前身としたものが多く含まれるそうだ。
近代の前後で断絶しがちな一般的な建築の見方から離れることで、見えてくるものはいろいろありそうだなと思った。

読者

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

新刊