41odvnuovvl

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そ... 続き

コメント

なんでこんなにダメなんだろう、って思う人がたくさん出てくる本。ハッピーエンド感は強くないけど希望があるような、人生の節々でふと思い出しそうな再生の物語。

愛情とは何か、母性を美しくも残酷に描かれていて映画も同じくとても心に残る作品です。

同じ女でも理解できない。
女って奥深い。

出たしから一気に引き込まれた
哀しいのに読むのが辞められない
一章の終わりでは、思わず声が漏れた

がらんどう という言葉にここまで強い印象をもたせる書き方がすごいな、と。

やはり傑作ですね。。。気づいたら単行本出てからもう10年経っているが、小説としての深さと問いかけの強さはまったく失われてない。文庫版の池澤夏樹の解説も興味深い(「これは相当に過激なフェミニズムの小説なのである」)。映画は未見なので見てみたい(やはり構成はかなり違うらしいですね)。

とても悲しかったです

話題作とか売れた話って悔しいけどやっぱり面白いなと思う。どうしても先が気になって、読書するのは品川駅から鎌倉駅の横須賀線の中だけと決めているのに、レポートも何もかもほっぽって読み進めて、夜1時過ぎに読み終わって、とてつもないものを目撃したような気持ちになり、色々考えながらお風呂に入りました。

感情や細かい動作の描き方に物凄くリアリティーを感じた。ドキドキして胸が痛くて、1日で読み切ってしまった。血の繋がり、親子の繋がり、当たり前の事だけじゃないのかもしれない。そして、育つ環境ってやっぱり繰り返されるのかなと思った。

女にしかわかんないだろうなあ。この思い。。題名を見るだけで切なくて涙が止まらなくなる。

母親たるものどうあるべきなのか、どうあってはいけないのか、そんなことを飛び越えて、一人の生身の人間なのだと。強く脆く、不安定と安定を、幸福と不幸を行き来する母親達。

女性だとすごく共感できる描写がいっぱいある本だと思いました。

女性として・母親としての苦悩と幸福を知る。時間の走り方と束の間の平穏が直に伝わる描写だった。

何が正解で何がハッピーエンドなのか考えてしまいました。

女性として・母親としての苦悩と幸福を知る。時間の走り方と束の間の平穏が直に伝わる描写だった。160730

大好きな作品。大学四年の一時期、角田光代ばかり読んでいたら友達に、顔が角田さんに似てきたねと言われた。そんなこともあるものか。八日目の蝉は、映画も良かった。坂を自転車で下るところが印象深い。

愛する人の赤ん坊を衝撃的に連れ去り自分の娘、薫として育て、誘拐犯として逮捕された希和子と、彼女に四歳まで育てられた後に家族の元に戻された恵理菜の物語。
恵理菜はその過去のせいで家族にも周囲にも馴染めず希和子を恨むが、子供を身ごもり、自身の過去を見つめ直すことで心境に変化が訪れる。
母の愛がテーマだが、それを象徴するのが、希和子が逮捕されるときに言った台詞。この台詞だけを取ってみても、この小説を読んで良かったと思えるほど心に響いた。

読者

4c536203 10e6 47f8 805f a11471e72d761dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483a1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c01Icon user placeholder0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b31cf98e4 2b5d 407e 9a90 e4ddaaa35063Icon user placeholder1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa 83人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

2か月前

24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholder 39