41qklyegv7l

親子三代で菓子を商う「南星屋」は、  売り切れご免の繁盛店。武家の身分を捨て、職人となった治兵衛を主に、出戻り娘のお永と一粒種の看板娘、お君が切り盛りする... 続き

コメント

和菓子屋さんに行きたくなります。
時代故の切なさの中に、強さを感じる作品。

読者

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccf54a51465 14d6 42c0 a5f8 f0d9cde19a7eEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Bf05578a 4c3a 4749 9318 712a3fd3119076bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 12人

西條奈加の本

善人長屋

善人長屋

Icon user placeholder

おゆみ

観劇。偏ってるよ

何を持って善悪を判断するのか、分からなくなってしまうような楽しそうでちょっと切ない長屋LIFE。

2年前

千年鬼

千年鬼

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

おもしろかった。 とってもロマンチック。 ラストはジーンとくるよ〜

約3年前

Icon user placeholderA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b3276bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d