51ke3%2bnodbl

コメント

有名な思考課題からスタートして、いくつかの課題と向き合い、考える。
正解のある数学的思考課題、正解のない課題を通して、思考力を鍛えるだけではなく、自分の倫理観と向き合う必要がある課題もあって、「自分」を掘り下げるきっかけにもなりそう。

実際の確率と人間の直感ってこんなに一致しないケースがあるものなんだ、っていう驚きがあった。
普段直感で確率を見積もったり予想を立てたりして行動するのは誰もがしてることだと思うけど、実は結構バイアスがかかっていて、それは本人が思うほど合理的な選択ではないのかもしれない、ってことは言えそう。

すごい役に立つってわけじゃないけど読み物としておもしろかった。視点の違い、大げさに言うと価値観の違いがあるっていうのを実感する内容。

自分が最近「確率的な何か」について計算するのが億劫になっていることに気づかされる。あ、「ゼロで割る」(「あなたの人生の物語」(映画メッセージ原作の短篇集のうちの一作)、もう一度読むと印象変わるのかも(1=2の計算出てくる)。しかし、「トロッコの問題」とか、同じような話の本ばっかり書店で平積みされてる気がする。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7372fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febB0d814ce 0f50 4c1d 9bc9 908549357563Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593 47人

ビジネス

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531

Yoshi Yasumoto

本を読むこと、勉強する事に逃げて…

ファイナンスはわかったようで、未だにわからないと思うスキル。実務で使うことが少ないからなのか。 考え方はすごく同意。でも、自分はまだまだPL脳だ。 特別付録の「これだけは押さえておきたい!会計とファイナンスの基礎とポイント」はとてもわかりやすいと思います。

3日前