Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31alca%2bkdil

「カルテット」「最高の離婚」「Mother」の坂元裕二、最新刊! おかしいくらい悲しくて、美しく残酷な、心ざわめく2篇の恋愛模様。 - - - - - ... 続き

コメント

なんともいえない会話の積み重ね。
楽しいのか楽しくないかはわからないけど、ずっと話していたい。しばらく話さなくなっても、思い立った時に話したくなる、考える前に話しかける、そんな関係。
すごいハッピーじゃないのに、とても心地が良い。
大事なことを横目で感じながら、どうでもいい中身のないことを話し続けられることの幸福さよ。

いまどこの本屋でも文芸書の目立つところに置かれていて、売れていそうです。気になって買ってみたら最高でした。著者は脚本家、収められている二編も劇で上演された作品で、いずれも男女のダイアローグを書簡体小説にしています。ひとつは初恋、ひとつは不倫について。会話がいちいち面白く、あり得ないような発端と結末の恋愛書簡。

坂元さんらしい独特の台詞回しに魅了される。2つの話とも手紙、メールのやり取りで進行していく。痛くて切ない。

言葉にできない感情がふつふつと沸き起こる。
手紙のやりとりってこんなにもロマンチックなのか、そう思いました。
今まで読んできた全小説で一番素敵だなあと思います。何度も何度も読みたい作品。

君がいてもいなくても、日常の中でいつも君が好きでした。

引き込まれて1日で一気読み。手紙のやり取りをしている2人はどういう関係なのか、何が起きているのか、ぐいぐいと引っ張られて気がつくととんでもない場所に連れて行かれていたようなそんな気分。「初恋」の方が特に良かった。

わたしにもしもキャスティングする権利があるのならば、三崎明希は満島ひかりに決定だな。

おでんで好きなのは汁ってすごい

話の本筋からずれたところにも、むねに響く言葉があふれていて、
どこかで誰かが理不尽に死ぬことは、わたしたちのこころの死でもある。
の台詞が、ぐるぐるしてる。

カルテットの原点が、垣間見える空気感。

普段はこういう本は読まないけど、こちらでオススメされ気になって購入。
手紙やメールのやりとりのみで話が進行していく。
最後どうなるんだろうと思いながら読み進めた。

「どうしてあなたにはわたしがみえるのですか。」
すれ違うひとや、同時代に生きながら交錯しない、たくさんのひとのなかで、ひととひとのこころが触れ合う瞬間、お互いを発見するよろこび、そのことがいままでの暗がりを覆し、つよく生を照らすこと、そんな、ひとを恋することの強い喜びが書かれていました。
生きていくことは前提としてみんな哀しい。それでも、うつくしい瞬間はあった、と、思い出すことができます。

読者

Bbc990db d7aa 43d7 bdae 19f38327b505E505536c 2a3d 4a1d b718 98a7201cd9281c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75209d63b743 a8a1 4a27 a193 c2599b35382c6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eePicture5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 109人

文芸

白河夜船

白河夜船

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

これは再生の物語 何もできなくて、身動きすらできない悲しみのなか、ただ眠ることだけが救い ゆめなのかうつつなのかわからないなかで見る、 いなくなってしまったあの人の幻 でも、眠りはいつか再び立ち上がるための休息 人にはそういう時間が必要なときがある とてもよい本でした

約8時間前

E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909734cbd26 e919 4074 a7c1 90bc6da246b17cdadb0a 9ac7 469a be1c 2e34026d4e51 11
嘘八百

嘘八百

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

地元堺市を舞台にした映画の本ということで購入しました。 骨董品の世界のことはよく知らなかったのですが、こんなこともあるのかなあという感じ。 堺市内の地名が出てくるので、イメージしやすかった。 後半、茶器を苦心して作るシーンがあるので、陶芸をされている方はより楽しめるだろうなあと思いました。 少しですが、利休や半井瑞策、長次郎のことが勉強になりました。 コメディなので気楽に読める作品でした。

約9時間前

お月さん

お月さん

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

読みやすく自然に頭に入る短編が多いのだが、なぜか読み終わった後に物悲しさが残る。物悲しさが記憶に残る。少し寂しいそんな本だった。

1日前

クリスマスに少女は還る

クリスマスに少女は還る

Icon user placeholder

くろ

ミステリー小説、特に海外作品が好…

誘拐された少女たちは帰ってくるのか? 少女たちの誘拐・殺人を繰り返す変態殺人鬼をかつての被害者の双子の兄をはじめとする捜査官たちが追っていきますが、その結末は単なる犯人暴露に留まりません。 たくさんの魅力的なキャラクターが登場します。 私もまんまと誘拐された少女サディを好きになってしまったので、結末には驚かされると同時に本書がお気に入りとなりました。

1日前