Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51t5bt7fgml

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】 最強の殺し屋は――恐妻... 続き

コメント

やっぱり伊坂さん。やってくれたな。一気読みです。殺し屋シリーズはずっと続け欲しいなぁ。兜、好きだなぁ。

面白いのももちろんだけど、一気読みしないと気が抜けないのは相変わらず。

伏線があるからと注意して読んでるのに
「ああああー、それそうなのー」
が、必ずある気持ち良さが好き。

あの人がしれっと登場してニヤニヤした。

笑いのツボをくすぐられる。ゆっくり、長く楽しみたいのに一気読み。

伊坂さんの殺し屋シリーズ。やっぱり最高!懐かしのあの人やあの人も出てきます。
伊坂さんには珍しく?話の最初からずーっと、3分の2くらいが主人公目線。いつものあちこちクロスする感じがなくて、なんかいつもと違うなあと思いながら読んでいたのですが、最後はやっぱりね。ラスト3分の1から一気に、という感じ。親父、かっこいい!

何となくいつもの感じと違うなと思いながらも読み出したら止まらず。
時々出てくる懐かしい殺し屋の名前にニンマリしつつ、思いがけない展開にハラハラしつつ。
充足感に浸りながら本を閉じた。
期待を裏切らない伊坂ワールドな1冊。

アイネクライネナハトムジークから伊坂さんに興味を持ち2作目。「殺し屋の妻は恐妻家」この謳い文句だけでも読みたくなってしまいました。面白すぎて1日足らずで読み切ってしまいました!

続きが気になってやめるにやめられなくて、泣きながら読み終わった。グラスホッパーもマリアビートルも未読だけど、これから読む。
初めて伊坂さんの本に触れたのは死神の精度だったなぁ。
本当に伊坂さんてすごいなぁ。

本屋で見つけた瞬間のテンションの上がりっぷりはちょっと恥ずかしい程でした。
殺し屋シリーズがまた読める幸せ!
ありがとうございます!!
一気に読んでしまいたいのと読み終わりたくないという感情の葛藤は久しぶりでした。
蝉や蜜柑、檸檬などの前作キャラの名前が出てくると嬉しくなりますね。
最高でした!

読者

B8d2ac5b f6d7 409b 8856 c378db65df2d011a8988 bf8f 466d 9bdc 0a2b24fd5b09A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder53cb2496 6d0b 4983 a459 d70ce1f3e687 49人

伊坂幸太郎の本

残り全部バケーション

残り全部バケーション

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

短編の繋がり具合が個人的にかなり好き。 それぞれの物語も憎らしくなるくらいに絶妙。 いいタイトルだよね。

22日前

514e1d85 e880 4424 85e6 179407f86a6015c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa36c477ff 4d1a 4b24 be79 c0cb38a13e5a 15
SOSの猿

SOSの猿

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

ホワイトラビットが久々にハマったので伊坂モードになり未読本に手をつけはじめた。 2つの話が交互に書かれ進んでいく形は好み。突拍子もない設定も伊坂本なら普通。時空のねじれ系。 無茶苦茶の中にリアルに響く言葉がポツリポツリあるところがニンマリしてしまう。

約2か月前

9a748c13 4e28 4826 ba49 7467beaf77a49323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb409d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf