Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51mv6k2ewrl

噓つきテレビ、無能な記者、テキトー評論家……。「オピニオンは捨てよ」「主語のない文章は疑え」「ステレオタイプの物語は要警戒」「虚言癖の特徴とは」――ポスト... 続き

コメント

フェイクニュースというよりも、印象操作の手口をつまびらかにした本。テレビや新聞に登場する「専門家」の語ることは事実を元にした知識なのか、オピニオンなのかを見極めなければ危ない。そのためには記者が書いたことよりも、書いていないことに目を向ける必要がある。
情報がムダに増えた分、「読む力」が大切なのは分かりますが、サラッと読んでスルーできる記事の方が受けちゃうんですよね。

読者

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb3216cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c7de200af 7e46 40cd 9d50 310b7e69aa81Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a 4人

烏賀陽弘道の本

報道の脳死

報道の脳死

A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9

naho

金沢に引っ越しました

Numero TOKYOの烏賀陽氏のコラムが好きで購入。自分の目で見たことを軸に生きることが大切な時代。

2年前