Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51rm4g1tmcl

キミたちはみんな、もっと好きな人に、会えたのだろうか? 糸井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、悶絶! ある朝の満員電車。昔フ... 続き

コメント

普段はtwitter発信の本は読まない。こちらで何回か見かけたので購入してみた。
大人泣きするなんて書いてあったけど、泣かなかった。
私が女だからだろうか?
たぶん、男の人にとって突然の別れでも女の人はなにかしらのサインがあったはず。
男は過去の自分に用事があって、女は未来の自分に用事があるって言葉が真理だと思う。

なんだか空気はいい感じ。説明はできないけど。あの娘にオススメしようとも思わないかな。

著者の自伝的小説ということになるのだろう。今は失われてしまったあまりにも美しい日々の情景。「美味しいもの、美しいもの、面白いものに出会った時、これを知ったら絶対喜ぶなという人が近くにいることを、ボクは幸せと呼びたい。」

10年前のあの子がLINEの友達?にでてきた。もしかしてこれあいつなのか…もう電話番号消してるけどあっちは残してたんだ…なんか送ってみようかな…でもな

そんなこと考えてたらLINEが来たんだ

「カープ優勝おめでとう」

忘れたくないあの子を思い出すというよりも、忘れたいのに忘れられないあの子を思い出す一冊。ずっと曇り空。

私の「あの頃」とは時代が違うから共感の軸はそこじゃないんだけど、なんだろう、ふとした言葉が引っかかる。自分の中につっかえていて取れない、見て見ぬフリしようと思えばし続けるられる何かを蒸し返されてる感覚があった。

ひとつの世紀が終わる直前の、夢とか自己実現とかやりがいとかで世の中がうるさくなかった頃の、ただただ相手を求めるだけの恋があまりにも切なくて胸が苦しい。
まさかSNSなんてもので過去と繋がってしまうとは。静かにカサブタが消える方が良かったのか、無理にでも成仏させる方が良かったのか。
静かで熱い小説。昭和を知る人に、ぜひ。

やりきれなさがすごい。心に沁みてどこか心地の良い痛みが続く。世界でいちばん愛して愛されたとしてもずっと一緒にいられる訳では無いんだなぁと思った。人はどうしても変わっていくということを痛いほど実感した。

心地よい言葉の音楽!

爽快‼︎

読みながら ただ、ただ、

言葉の音を味わいました。

読者

1c9707dd d4a4 4d7b 9aea 08757ed47a7bD0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785bD55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f921a3a820 08a8 4ff4 891e 70ec812df7fb06062448 9368 410b b05c f80f717635f6Icon user placeholderIcon user placeholder6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b 101人

文芸

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

図書館の「今ならすぐに借りられます」棚にあったので読んでみようと思って。作者の長編は「カフカ」以来。ベストセラーだしあらすじについてはいいかなと思うので思ったことを少し。この作品もオウム事件の影響があると思うんだけどあの事件の何がそこまで作者に訴えかけるんだろう…。あとここまで生々しい性描写する人だったっけ。個人的には主人公に多少共鳴する部分もあってなかなか面白かったのだけどミステリ好きとしてはいろんな謎が放置されたまんまというのはあまり収まりが良くないな…。

約3時間前

2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f8635febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e456c5c7c2 c3f2 4069 8d02 fed05461d10d 92
五分後の世界

五分後の世界

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f

Karma

本は人生の先生でありお友達

村上龍の代表作の一つと言える一冊。 物語を楽しみつつ、日本人とは?みたいな事を考えてしまいました。

約5時間前

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6d014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
また、桜の国で

また、桜の国で

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

第4回高校生直木賞。 高校生達がこの本を選んでくれたのが嬉しい。 第二次世界大戦をヨーロッパ側から描かれていて、戦争に突入してしまった経緯がよくわかる。 日本人として、恥ずかしくない生き方。 ポーランド人として誇りのある生き方。 そう、迷わず言いたい。そう、思って欲しい。けれども血が混じり合った彼等には単純ではない。 ドイツのユダヤ人迫害。国とは?血とは? 国家は愚かすぎる、けれど皆国は愛しているのだ。 心通じ合う者で、美しいものを愛でる。それが普通である日々を大切にしなければならない。

約14時間前

Ecbb725c 698c 4995 9709 570c4885e61684d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e
グリックの冒険

グリックの冒険

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f

Karma

本は人生の先生でありお友達

冒険者たち(ガンバと15匹の仲間)の続編ですが、今度の主人公はリスのグリック。小学生におすすめの一冊。

1日前