Btn appstore Btn googleplay
418kjba 3il

コメント

高齢者?になって読む本じゃなかったかもしれない。
昔モテたじいさんが若い連中に恋の手ほどきをしようとね。主に男の側から実に正直にあからさまに、男女のことを語ったわけだが、現代の若い人に通じるものなのかしら。

読者

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

渡辺淳一の本

花埋み

花埋み

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

日本最初の女医になった荻野吟子の話。女医になる為に苦難を経て道を切り開く。人生後期にキャリアよりも嫌悪していたロマンスの為に人生を人の流れに任せるところが興味深い。

2年前

愛の流刑地〈下〉

愛の流刑地〈下〉

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

「このまま、殺して…」。花火大会の夜、エクスタシーの頂点で冬香が発した言葉に誘われるまま、菊治は彼女の首を絞める。最愛の女を殺めた男。彼を待っていたのは、苛烈な取り調べと孤独な法廷闘争だった。故意か過失か、それとも愛の証しか。菊治が最後に受け入れた罪と罰とは?論理では測れぬエロスの深淵を問い詰めた文芸大作。感動の結末。

約3年前

愛の流刑地〈上〉

愛の流刑地〈上〉

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

かつて一世を風靡した作家・村尾菊治は、旅先で女性編集者から彼の大ファンという人妻・入江冬香を紹介される。そのしなやかな容姿と控えめな性格に魅了された菊治。二人は狂おしく逢瀬を重ね、惹かれ合うが、貪欲に性愛の頂きへ昇りつめる冬香に、菊治は次第に不安を覚える。男女のエロスの深淵に肉薄し話題騒然となった問題作。待望の文庫化。

約3年前