Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51lumtnedel

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか?  人口減少に関する日々の変化というのは、極めてわずか。ゆえ... 続き

コメント

日本における人口問題が体系的に書かれていて非常に勉強になりました。人口減少をチャンスと謳う論も、ままありますが、筆者は総論、人口減少を危機感を持って捉えるように。と警鐘を鳴らしていて、日本の直面する今、さらには未来の理解が深まったように思います。
著者が提唱されている「賢く縮む」道が現実的か思います。
母や自らの将来に思いを馳せる上でいい1冊になりました。

ある程度のデータは前もって頭に入ってはいたが、人口減少に連動して起きる問題はやはり深刻だといえる。子育てしている者として頭が痛い。
一方で著者の訴える処方箋は個人的な主張が多く含まれているからかあまり賛同できない点が多かった。

本書にあるように将来起こり得ることは、様々な統計などの数値で予測できる、処方箋もある。
なのになぜ、現実にはそれらの対策が採用されないのか?
目先の利益や既得権を守る者や声の大きな批判者たちに振り回される愚かさについて考えさせられる。

国土のグランドデザイン2050をはじめ、多くの公的なデータをよくまとめている。
大人から若者への責務、誠意として隠していた、隠れていた課題を文字化したい、という執筆動機は親近感がわく。
社会人なら基礎知識としてサクッと読んでおくべき本。

読者

Dcfa85d7 63bc 49c4 9922 b2430a161c343a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d8968846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d98Icon user placeholder6ae11522 e533 42d8 ac00 aa4d14f38ef82665a678 fa8d 41e1 b26c 39e91c4343efE5e98223 0c01 4f43 a3ce f1c7e93e7a5eIcon user placeholder 58人

河合雅司の本