Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41d7fplgiml

コメント

P75 俳諧史的な意味を別にしても、宗鑑が和歌の空間に閉じこめられていた蛙を、自由な言語空間に生かしたのは否定できない。芭蕉が『曠野』のなかでも引いているほどこの句が有名になったのは、山吹の影に隠れた蛙の姿を引っ張り出して光を当て、その真実の姿を復権させたからである。いわば、もう一つの蛙が発見されたのだ。

読者

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

李御寧の本

「縮み」志向の日本人

「縮み」志向の日本人

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P77 取る(省略・単純性)、集約する(繊細性)、裏で表を、すなわち単純なもので複雑なものをあらわす含蓄性の美学が言語のそれにとってかわれば、省略法の「どうも文化」が生まれたり、芭蕉の俳句となったり、ときには手を能面に近づけただけで号泣をあらわす能のしぐさ、葉と花をぎりぎりまで取り落とした一輪ざしのいけ花などにもなるのです。

約2年前