51 x0prnrel

コメント

は〜面白かった。
体を張って女芸人街道を突っ走るいとうあさこのエネルギーと、初老の体を引きずる哀愁のバランスが何とも絶妙。

意外と一つ一つのコラムのボリュームがあります。芸能人の書く本にありがちなスカスカ感はありません。

読者

7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848aA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585 3人

文学

キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

約2時間前

07f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a33461f976 7283 4644 a020 6250675cff38242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa 9
火星に住むつもりかい?

火星に住むつもりかい?

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

「善良」な市民の叫ぶ「偽善」と無名で告発される「悪」。それらは現実、テレビやネットといったメディアで私に見慣れた構図であり、改めて物語として読むと本当にムナクソワルイに尽きるのだが、だが、あえて伊坂幸太郎はそこにこだわる。こだわり、描き、問うている。自分に読者に。 物語は終わるが、晴れやかな気分になりはしない。小説は現実を超えもするが、現実もまた小説を超えてゆく。暗たんたる気分になりもするが、それだけに終わらない光もまた残される。あとは、自分だ。ヒーローはいない。読了後、タイトルにうなずく。

約4時間前