51hiktyuthl

コメント

本当に衝撃な物語(ほぼノン・フィクション)。本当にこんなに屈辱的で愚かしいことがまかり通っていたということが、その境遇に負けずに、勇気を持って生きた女性がいたことが驚きであり、多くの人に読んでほしい。
まだ根強く残る差別意識は今でも問題であって、時々ニュースになって目にするけれど、早くそういった諸問題が解決しますように。

人間の残酷さ、卑劣さ、弱さが描かれているのと同じくらい、優しさ、情、強さも描かれている。

読者

2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc8ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f385Cd6f55a9 ef9f 47f8 b518 336fe782107e8debe35b 7101 4e56 9ffe a2fc7f87b9340428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b309c4c204 f132 4f6d a812 56e69f1488e2705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c55d0723ed 579b 4b5f 9f48 3ff778db1854 20人

文学

51ycvbpagcl
28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

不条理な殺人のアンソロジーなため、読後感が不条理でいっぱい。法月さんの『二の悲劇』の原型も収録されております。法月さん好きなので、この原型を読めただでも購入した価値がありました。

1日前

B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243B58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c331363914 d244 4040 9a59 efc9aeda2ae5
417ziozbhhl
C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

9/9公開の黒沢清新作の原作(大元は著者主宰の劇団イキウメでの演劇がある)。SFと思いきやラストの展開でシンプンルに大感動。この文庫版では黒沢清が解説を書いていて、映画監督ならではの視点が興味深い。

1日前

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f8ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f385B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5