51kpouwyhyl

AWSを実機代わりにインフラ技術が学べる! 「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」。これが本書の目的です。 新しいものを学習するとき、実... 続き

コメント

読者

176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d4Icon user placeholder9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635 3人

テクノロジー

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

平成最後のGWは、これを読んでWordPressを弄って過ごしていました。 どちらかと言うと、htmlで組み上げたページをwordpressに落とし込んでいく系?の教科書でした。この本の通りに、サンプルページを作り込んでいく過程で、どのような構成で作られているのかが分かるところは、すごく良かった。 ただ、さすがにちょっと古いので、wordpressもバージョンが上がってしまったし、紹介されていたプラグインも丸々使えないものがあったりもした。 良い、GWが過ごせました。

約2か月前

ユーザーストーリーマッピング

ユーザーストーリーマッピング

Akiaivjyeuyp25rambwa

juuuun_o

スタートアップ起業→メガベンチャ…

名書です。タイトルから内容を推測しづらいですが、スクラム開発に取り組む全ての人が読むべき必読本だと思います。広範囲に及ぶ開発をリードする上で必要な術が網羅的に書かれているが、特に以下2点が大事。 ・成果を出すための優先順位付け ・チームの共通理解を築くこと 本書では優先順位と共通理解という単語が頻繁に出てきます。成果を出すために、過程を証明するために実行される最小タスク(MVP)思考で細分化し、優先順位付けの基準について触れています。 またプロダクト構築において、機能を作ることを目的にするのではなく、それによって得られる顧客/会社の利益についてチームの共通理解を築くまで会話を続けることが何よりリーンに勧めて行く上で重要と説いています。 作者のしゃべりに若干癖があり、ボリュームもそれになりにあるが、読んで損なし、オライリーの中でもマストバイで名書。

2か月前

F5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e82a39216d 6f0d 48fa 87bf afdf0adad5a99f68bea2 f389 485d b42e 54ae996378f3