61 hx6wsyrl

コメント

高知で国語教師をされている方が書かれた本。高知放送ラジオの「デハラヒロユキのヨルラジオ」という番組に著者の広井さんが登場された回を聴いて、広井さんのお話が興味深く面白かったので読んでみました。尾崎放哉、漱石、芥川などの作品内に書かれた言葉の意味を追い、考え、作家の意図や作家そのものに迫る…という読書案内です。「を仕組む」など、著者広井さんの授業の盛り上げ方、技術や意図を知ることができ、さらに小説や作品などの深い部分、気付かなかった部分にも触れることができます。授業中、芥川「父」の中で登場人物が自信の父親に汚い言葉を投げかける場面を題材にした時の教室内の生徒の表情の描写など、作品に触れる生徒たちの様子も書かれたスリリングな本。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

新刊

よるのふくらみ

よるのふくらみ

C10775e3 cc6f 41e5 9c86 dec6d0a31299

うえにしゆか

糸と苔とお酒とパンと靴下…がすき…

日常に溶け込んでいて、みんなどこかで感じているであろう事が広がっている。許してあげたいけど、許せない事のもどかしさとか考え出すと止まらなくなる感情が生々しい。

約2時間前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aefB66161c7 c6fc 47d8 9359 febfe3239071A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 42
ギケイキ: 千年の流転

ギケイキ: 千年の流転

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/06/20 読了 町田康の『義経記』なので、予想はしていたものの、いきなり「ハルク・ホーガン(判官)」とは、ぶっ飛び過ぎ(^o^) 『義経記』そのものを読んでいないので原典との対比ができないのが辛いけど、『宇治拾遺物語』のように超絶面白い。@shugyosha 第2巻が楽しみ

約2時間前

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「ダークサイドスキル」なんて言うからには、ライバルの電話を盗聴して弱みを握ったり、ハニートラップ仕掛けたり、権謀術数の限りを尽くした犯罪紛いの手練手管の紹介本かと思ってたけど、予想に反して極めて真っ当なビジネス本だった。 論理的思考能力や財務・会計知識のような「ブライトサイド」スキルに対して、地道に根回しをして自らの影響力高めて行く、「人を動かす」系のスキルの話だった。 上昇意欲の旺盛な人は大変だなとは思うものの、ここまでやって偉くなりたくはないなと言うのが正直なところ。

約5時間前

E00b7b7b 4943 4d55 8df6 c807747ee153Icon user placeholderPicture 11
ゲームの王国 下

ゲームの王国 下

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

第31回山本周五郎賞、第38回日本SF大賞受賞。 時代が50年ほど飛び、「脳波ゲーム」に突入してしまって、混乱。SF色が濃くなっても、上巻と似た色を感じたかったなぁ。「山本周五郎賞」だからと手に取ったけれど、やっぱりSF苦手だと再確認。

約18時間前

F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01acDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a