Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61 hx6wsyrl

コメント

高知で国語教師をされている方が書かれた本。高知放送ラジオの「デハラヒロユキのヨルラジオ」という番組に著者の広井さんが登場された回を聴いて、広井さんのお話が興味深く面白かったので読んでみました。尾崎放哉、漱石、芥川などの作品内に書かれた言葉の意味を追い、考え、作家の意図や作家そのものに迫る…という読書案内です。「を仕組む」など、著者広井さんの授業の盛り上げ方、技術や意図を知ることができ、さらに小説や作品などの深い部分、気付かなかった部分にも触れることができます。授業中、芥川「父」の中で登場人物が自信の父親に汚い言葉を投げかける場面を題材にした時の教室内の生徒の表情の描写など、作品に触れる生徒たちの様子も書かれたスリリングな本。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

新刊

ひきこもらない

ひきこもらない

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、phaさんの「ひきこもらない」を読みました。 あまり働かずに生活しているphaさんですが(本を出したり、ネット上に文章を発表したり、執筆の仕事はしてるけど。あと、たまにテレビに出たり)、そんなphaさんが、サウナに行ったり、漫画喫茶(ネット・カフェ)に行ったり、ゲーセンに行ったり、シティー・ホテルに泊まったり、深夜バス(高速バス?)に乗ったり、一人旅をしたり、などなど、タイトル通り、家にひきこもらずに、街をふらふらしたことについて書かれたエッセイといった感じでした。 それで、本の内容の本筋からはズレるんですが、phaさんは、大学時代に京都に住んでたらしく、例えば東京だと、渋谷とか下北沢とか、都心に行かないと、クラブやオシャレなカフェがなかったりするけど、京都はそういったお店がわりと近所にあるらしく、大学の先輩にクラブに誘われて、あまり興味がなかったんだけど、そのクラブが近所だったから、とりあえず行ってみた、みたいなことが書かれてあったんですけど、たしかに近所にクラブがあったら行きやすいよなあと思ったりしました。

約5時間前

惣田紗莉渚ファースト写真集「うらばなし」

惣田紗莉渚ファースト写真集「うらばなし」

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

今回AKB48総選挙で大躍進の惣田紗莉渚の写真集。 サイン本の握手会が当たってしまったので、何となく購入。 さすがイベント対応でのし上がったというだけあって、二回転目にもう顔を覚えているとは…さすが。 肝心の写真集の内容は、うーん写真集が専門ではないサイゾーということもあって、もう少し可愛く撮れたんじゃないかなぁという印象。 紙質ももう少しクオリティ上げてもいいんじゃない?という感じ。 ただ、宝塚音楽学校に本気で入ろうとしていたり、かなりの度合いで打ち込んでいたバレエの姿を撮影してたり、インタビューも中々に核心に迫っていたりと、写真にも見るべきところは多い写真集だと感じた。

約6時間前

私の頭が正常であったなら

私の頭が正常であったなら

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

京都へ向かう電車の中で読んだ。私はこの作家さんの世界観が、文章が好きだ。登場人物は、悲しい出来事があっても悲観的になりすぎず、むしろいつも前向きで、少し非現実的な感じ。気軽に読めるけど、ふいに感動する瞬間もあって、面白いなんて一言で片付けられない。この人の文章で私の読書人生が始まったと言っても過言ではない、そんなすごい人の最新本でした。

約9時間前

9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3edD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Icon user placeholder