51un48jte9l

1 Allegro con brio 2 Andante con moto 3 Scherzo e Trio:Allegro 4 Finale:Allegro
続き

コメント

思い出の一曲。本当に好きで、当時はいろんなオケを聴いて、ずっと読んでたスコア。たぶん、交響曲としたら音符の数はそこまで多くない方なんだと思う。それなのに読んでも読んでも謎が深くて、面白くて。
一番好きな小節は、第四楽章の85小節目で、リピートの1小節前の木管の八分音符。高音の弦と金管は休符のところを木管と低音弦が八分音符が刻んでるところ。どうして木管と低音弦だけが刻みなんだろう。決して走っちゃいけない、下降音階、でもリピートに向けてのエネルギーではちきれそう。勢いを持って入る次の小節の二分音符の伸びやかさと開放感と明るさも含めて、とても大好きなところ。

読者

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

新刊

51u1z4wonul
4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

中田さんのアシさん探し 製版会社の女性の結婚 あゆちゃんのアルバイトと塾 持ち込みした漫画家さん 付録 の話でした。 今回の巻は「つながり」の話が多かったです。漫画家さんと編集者さん、アシさん。または家族。または応援してくれる人。お互いの繋がりを見つめ直す話が主軸のような気がしました。 その中でも、あゆちゃんの話はもう涙でした…。こころって、「今!」って時にパッと言葉が出て来て素敵だなぁって思います。時に詰まってしまうこともあるけれど、自分の発する言葉にちゃんと責任を持っているのが分かるし(無意識かも知れないけれど…)、吟味して発したんだなってことが分かる一面もある。おちゃらけてるようで、他人と無意識に打ち解けられるその心根の良さが魅力的! それに、塾の先生も言葉を濁さずにあゆちゃんと向き合ってくれてたのも素敵でした(最後のシーン)。 あと、付録の話は最後ほっこりできました。私も親と一緒に作ったりしたなぁと思い出しました。笑

約18時間前

E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc78b72f30b 1e29 4ef2 bd0e 3bcc7062972870c679a8 051c 463d be3a 04f64f2a4544
41qklyegv7l
25b9f30c 0dae 45f2 99ba 957cfe3afcfb

320

小説を中心に面白そうと思ったもの…

江戸で人気の和菓子屋「南星屋」。武家育ちながら菓子職人になった主人にはある秘密が。。。門外不出の菓子のパクリ疑惑をかけられたり、武士の子どもが弟子入り志願にきたり、和菓子屋を舞台に巻き起こる家族愛の物語。NHKの木曜時代劇とか土曜時代ドラマとか好きな人にオススメ。

約18時間前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcd
51okoqtgtzl
28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

宮内悠介の初の長編。火星を舞台にした精神病院のお話。宮内さんの作品は、自分の読書リズムと合っていて、スラスラ読めて心地良い。ストーリー自体は深くて重いのに、不思議です。これからも、追い続ける作家のひとりですね。

約21時間前

440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb85832c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f668ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f385