Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51k7c77kzkl

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らすの物語、"世界の終り"。老科学者により意識の核に或る思考回路を... 続き

コメント

村上春樹の長編の中で、最も好きな作品の一つです。

たまに、「世界の終わり」の景色が、ふと僕の心をとらえる時があります。
日曜の昼過ぎに、くたびれた小学校の校舎を眺める時など。

この作品には、心を奪われるような景色がたくさんありました。
小説の面白さを教えてくれた、僕にとって大事な作品の一つです。

30年前の作品ですが、世界観や精神性は未だに通用。セカイ系の源流と言われてますが、世界の終わりの静謐さは、村上春樹の中でも群を抜いている印象。一方、ハードボイルドワンダーランドは、スチームパンクなSFっぽく、エンタメとして面白い。脳の一部をデータベース化するというのを、この時代に見越してた辺り、流石だなと。余談ですが、海外特にヨーロッパ圏だと村上春樹=世界の終わりらしいです。西洋的ファンタジーと東洋的純文学の衝突こそが本作の魅力だと留学生の友人に熱弁されました。

徐々にシンクロしていく二つの物語。これぞアドベンチャー!妙に落ち着いていて儚ささえ感じる「ハードボイルド」が魅力的。

春樹のマイベスト。無駄のない構成に異なる世界の構築。そしてハードボイルド。計算士ってのがまずもうヤバい、と当時思ってた。

あまりにも現実感と希望の光が見えない物語のように思えたけど、不思議とこの世界に寄り添っていたいと思えた。下巻が楽しみです

何回も再読している。村上春樹の作品では一番これが好き。

夢中で読んだ記憶があります
たぶん長編でこれが一番好き

初めて読んだ村上作品。
これを機に氏の作品を長編・短編問わず色々読み漁ったが、自分の中でこれに勝るものなし。
ファン投票でも確かこれが1番人気だったような。
村上春樹を読んだことない人にはこれを薦めたい。

同じ好みの方が多いようですが、僕も春樹さんの小説の中ではこれが一番好き。そのSFファンタジー映画のような世界観が素晴らしく、情景を思い描きながら至福の読書時間を楽しめる一冊。

村上春樹で最も好きな作品。この世界感にずっと浸っていたい。

ハードカバーのピラピラ(?)のカバーが雰囲気出ていいね

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f14cd34aaa db30 4078 bc97 2d8215ded44d45b14863 90fb 453b 8f57 885f0f4e0d353205770f b482 4162 b997 57e494e72904E1cfc9bc dd9b 4678 8e4c 69bdd0749a6a 41人

村上春樹の本

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

約1か月前

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

8か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5