41pglyt6dgl

僕とクミコの家から猫が消え、世界は闇にのみ込まれてゆく。-長い年代記の始まり。 続き

コメント

40歳と4ヶ月の夏、読み返したらものすごくリアルでした。私のネジが巻かれた。

おすすめの1冊はと聞かれたらこれ薦めるね。作者のメジャー感と引き込み感とそれはそれはいいですよ。もちろん1冊で終わらないけど。

現実と非現実の境目がわかりづらいのでいつの間にやらいる世界にびっくりする。村上春樹の物語の中で一番好き。パスタ茹でたり、トニックウォーター飲みたくなったりします笑

村上春樹の真骨頂。ぐいぐい引き込まれて、いつの間にか壁を抜けているという。全巻読み終えた後は、こことは別の所に立っている。

3回は読んだ。読みたい本が見つからない時、本棚の奥から引っ張り出す。

ここから、村上春樹の小説の中に、悪との相克というテーマが入ってきたように感じる。ここでいう悪とは、個人ではなくシステムやその集団的思考みたいなもの。個人主義者だった主人公が、近しい人を守るため、孤独に打ち勝ち、知性と勇気を備え、悪と対峙するという雛形は、その後の海辺のカフカや1Q84でもベースになっている。とはいえ、単純なビルトウィングスノベルではないので、読み手によって幾重にも解釈が可能というのが、この作品の懐の深い部分だと思う。

損なわれたモノを取り戻す物語。
主人公の妻を思いやる気持ちとそれを行動に起こしたとき涙をこぼした。

ねじまき鳥は世界のネジを巻く。

村上春樹の本の中では一番好き。

読み始めたらその世界観にグイグイ引き込まれて、最後には何とも言えない読後感に包まれます。

空井戸の中で一人で死んでいくのはいやだなあ(^_^;)

なんなのだろうか。
非日常の描写、設定なのに、ひきつけられる魅力がある。

ノモンハンの拷問の描写はあまりにグロくて苦手。何度読んでも本当に気持ちわるくなる。
しかし、文字だけでここまで気持ちを左右させるのも、すごいのかもしれない。

読書をしてみようと思って最初に手に取ったのがこれ。難しかったけど、この本に色々教訓みたいなものを学んだ。気がする笑

読み終えました。(・ω・)
戦争の話が出て来て、そのへんが
やや難しかったですが、私の母方の祖父も
戦争でシベリア抑留されてたんで、
興味深く読めました。第2部に進みます。

読者

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdIcon user placeholder46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed62ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba6B421bab0 335c 4da6 aced be803fd931bfD8b172a0 bf79 4866 8877 d4224d02b0262b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75C74dce3f a91a 47e6 b0ad 703b7aa4c6b6 57人

村上春樹の本

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

村上春樹がよく言う「ねじを締める」という言い回しがあるけどこの本では、95年に書かれた「チャールズ河畔の小径」だけねじがぎゅっとしまった緊張感のある文体で異質感をとても感じる。それ以外はねじを緩めすぎないで温泉につかったようなゆるさ。「チャールズ河畔」から「漱石からくまモンまで」およそ20年以上の歳月が流れており文章の変化を感じるのも面白い。自分は村上春樹の良い読者ではなく長編小説を理解できることがあまりないけど、「雨天炎天」や「遠い太鼓」など初期の紀行文は何度も読み返すほどで、「チャールズ河畔の小径」のねじの締まった感じ例えば以下の文 「僕らを取り囲んでいた深い圧倒的な緑が、少しづつほのかな黄金色に場所を譲っていく。そしてランニング用のショートパンツの上にスウェットパンツを重ね着するころになると、枯れ葉が吹きゆく風に舞い、どんぐりがアスファルトを打つ『コーン、コーン』という固く乾いた音があたりに響き渡る。そのころにはもう、リスたちが冬ごもりのため食料集めに目の色を変えて走り回っている」p.14 なんてものすごく良い。 「女の子たちは芝生の上にタオルを敷いて、iPodを聴きながら、すごく気前のいいビキニ姿で日光浴をしている」 p.14 初出の95年当時にiPodはないと思うけどあくまで初出ということで加筆する前の文章も読みたいところ。

4か月前

Ba32cf53 a8d7 412d a4fc 22f50deb9fb679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Aa8adbfc 9571 4e08 9230 812bd0b246fb 17
バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

6か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267