Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41qdjs6 jwl

コメント

フランスの文学といえばスタンダールだとかカミュだとかプルーストだとかが有名だが、その陰には素晴らしい幻想小説の書き手たちがいた。怪しげな雰囲気に浸りたいときに是非。

『人間喜劇』で有名なバルザックや『女の一生』『ジュールおじさん』で有名なモーパッサンが幻想小説を書いていたというのも驚き。新たな一面を覗ける。

ジェラール・クランの作品が気に入ったが調べてみたら邦訳は短編二つだけしかないらしく悲しい。原書で読むしかないか。

読者

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

文芸

土曜の夜と日曜の朝

土曜の夜と日曜の朝

7fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd065902

kantaroh

ブルーにこんがらがって

工場勤務の青年アーサーは、お上品な奴じゃない。 人妻を誘惑して洒落込んだり、喧嘩をしたり、いつも虫の居所が悪いピカロだ。 けれど彼は、人生に対して一家言を持っている。 「人生はきびしい、へこたれるもんか」 土曜の夜をパブで破茶滅茶に過ごし、静かな日曜の朝を迎える労働者階級の青春。いつの時代も男の子は少しやんちゃがちょうどいい。

約2時間前

白河夜船

白河夜船

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

これは再生の物語 何もできなくて、身動きすらできない悲しみのなか、ただ眠ることだけが救い ゆめなのかうつつなのかわからないなかで見る、 いなくなってしまったあの人の幻 でも、眠りはいつか再び立ち上がるための休息 人にはそういう時間が必要なときがある とてもよい本でした

約18時間前

E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909734cbd26 e919 4074 a7c1 90bc6da246b17cdadb0a 9ac7 469a be1c 2e34026d4e51 11
嘘八百

嘘八百

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

地元堺市を舞台にした映画の本ということで購入しました。 骨董品の世界のことはよく知らなかったのですが、こんなこともあるのかなあという感じ。 堺市内の地名が出てくるので、イメージしやすかった。 後半、茶器を苦心して作るシーンがあるので、陶芸をされている方はより楽しめるだろうなあと思いました。 少しですが、利休や半井瑞策、長次郎のことが勉強になりました。 コメディなので気楽に読める作品でした。

約19時間前

お月さん

お月さん

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

読みやすく自然に頭に入る短編が多いのだが、なぜか読み終わった後に物悲しさが残る。物悲しさが記憶に残る。少し寂しいそんな本だった。

1日前