Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31iaxddyg4l

傑物8人の列伝から読み解く、現代中国経済史! トウ小平による改革開放政策の開始から30年あまり。中国経済は驚異的なスピードで成長を続け、ついには日本を追い... 続き

コメント

最近、中国に行くたびに思うのが人々の活気の良さである。
こないだ、在北京の日本人の方が「中国人は今日よりも明日の世界の方が良いと信じている」と評していたけど、確かにそんな感じ。近隣の日本人からすると、大きく経済成長している国はこんなに明るいんだなという眩しく感じられる。

また、もう一つ感じるのが、技術の発展とイノベーションがしっかりと社会に還元されていること。
これは日本ではあまり報道でしっかり伝わっていないのでとても残念なのだが、モバイルマネーの普及やビッグデータの活用といった点では、中国は日本よりはるかに先を行っている。たぶん自動車のEVの普及や自動運転、AIなども中国はアメリカとともに世界を牽引するのではないかと思う。

そんな中で複数の方から勧められて、この高口康太さんの『現代中国経営者列伝』を読んだのだが、確かに今の中国の経済を大づかみで理解するにはちょうどいい書籍だ。
自分の中で、中国に行って感覚的には気づいたことが、言語化されて体内に取り込まれていくようで、読んでいてとても気持ちが良い。
だから、できれば中国に行く前ではなく、現在の中国を実際に見てから、この本を読むのがベスト。

読者

F040de48 4a0c 442f ba7a 31096c0252fe440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737

ノンフィクション

希望のレール 若桜鉄道の「地域活性化装置」への挑戦

希望のレール 若桜鉄道の「地域活性化装置」への挑戦

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

鳥取県内を走る鉄道、若桜(わかさ)鉄道の社長さんが社長になるまでの経歴、若桜鉄道の社長に就任後にチャレンジしたことなどが書かれた本。兵庫県内の町からSLを譲り受け、走れるかどうか検査、復元。そして社会実験としてSLを走らせたことが本の巻頭でのお話。そこからその実験の意味や狙いについてや、地方の小さな鉄道会社は情報発信や商品開発などであれこれの変わり種を仕込む必要があるというお話へ。アイデアの出し方、周囲の巻き込み方などを若桜鉄道が行ったイベントを例に出しながら説明する部分もあり。マーケティングの本でもあるのかなと。

4日前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f
ひきこもらない

ひきこもらない

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、phaさんの「ひきこもらない」を読みました。 あまり働かずに生活しているphaさんですが(本を出したり、ネット上に文章を発表したり、執筆の仕事はしてるけど。あと、たまにテレビに出たり)、そんなphaさんが、サウナに行ったり、漫画喫茶(ネット・カフェ)に行ったり、ゲーセンに行ったり、シティー・ホテルに泊まったり、深夜バス(高速バス?)に乗ったり、一人旅をしたり、などなど、タイトル通り、家にひきこもらずに、街をふらふらしたことについて書かれたエッセイといった感じでした。 それで、本の内容の本筋からはズレるんですが、phaさんは、大学時代に京都に住んでたらしく、例えば東京だと、渋谷とか下北沢とか、都心に行かないと、クラブやオシャレなカフェがなかったりするけど、京都はそういったお店がわりと近所にあるらしく、大学の先輩にクラブに誘われて、あまり興味がなかったんだけど、そのクラブが近所だったから、とりあえず行ってみた、みたいなことが書かれてあったんですけど、たしかに近所にクラブがあったら行きやすいよなあと思ったりしました。

6日前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69611ee85c4 d728 4c04 88a3 e3bd08ca9df65efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f