Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51f7174pqrl

ワラビーのトトから大切な手紙をあずかったマルコ・ポスタル・グラスボトルは、ロンドンをめざして何千キロもの旅をします。ガチョウのトマスをお供に、船やラクダや... 続き

コメント

2017/7/23読了
とってもかわいくて素敵なお話。
この本を子供の頃に読んだ記憶のある人は幸せだなぁ。勿論大人になってからでも楽しく読めるんだけど、子供の頃の読書体験って、やっぱり特別な時間だった気がするので。
装丁や絵も含めて、海外のお話みたいで本当に可愛いので、手元に置いておきたくなっちゃうなー。

読者

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

文学

風神雷神 風の章

風神雷神 風の章

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

扇屋に養子に入った、ボンヤリした子供が、いつしか、絵の才能を存分に発揮し世間に認められるようになる。俵屋宗達の話である。苦節何年という言葉はこの天才には無い。衣食住に事欠くことは無く、絵に没頭して生きる。養父はその才能を認め、受け入れる。なんと、羨ましい話しだろう。芸術に対する葛藤はあれど、それを色濃く記してはいない。天才俵屋宗達この時代に有り。という感じです。雷の章読まないと!展開が気になる。

約8時間前

Icon user placeholderB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee