Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
417ziozbhhl

絶望がやってきた。愛する人の姿で――劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの舞台『散歩する侵略者』を前川自ら小説化。2017年秋、黒沢清監督、松田龍平・長澤ま... 続き

コメント

9/9公開の黒沢清新作の原作(大元は著者主宰の劇団イキウメでの演劇がある)。SFと思いきやラストの展開でシンプンルに大感動。この文庫版では黒沢清が解説を書いていて、映画監督ならではの視点が興味深い。

侵略SFでもあり言語SFでもあり並行世界SFでもある。しかし、その本質は愛の物語。あと戦争。

話が面白いだけでなく文章が上手い。解説で黒沢清もそう言っている。読み易いだけの文章であるだけでなく、かなり技巧的に書かれているんじゃないかな。
様々なテーマが横断していくけどそれらが変に混ざることなくこちらに向かってくる。中華料理屋の信じられないぐらいパラパラしたチャーハンみたい。

次の公演のチケット取りました。楽しみ。

2017.11.読了(Kindle)

ジャンルはSFかな。自分がそれを奪われたらどういう感覚になるのだろうかと想像が膨らむ。またはすべての人からアレが無くなったら、とか。この話を読んで、人の繋がりについても考える人もいるかもしれない。
元は演劇で、映画化もされてる。舞台だとどういう感じだったのだろうか。興味が湧いてきた。

読者

A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b575b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe90049a56 142a 4133 b389 c842e470feb6D089e215 59f8 4e97 aa30 379a05d405f3821332f5 319d 472e 9b22 4a8f781b1eb57bb3ee40 7b16 49fc 937b 4ea2211f4c5a0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46 18人

前川知大の本