6126wikay8l

コメント

日本の侍が仇を追い求めて、単身ヨーロッパに渡り、30年戦争で神聖ローマ帝国の傭兵となって戦うという、なんかもう設定だけで勝っちゃってる物語。なにそれ面白そう!

当時の日本では大坂の陣で豊臣氏が滅び徳川政権が磐石のものとなり、牢人として職にあぶれた侍たちが結構な数、海を渡り海外に出たらしい。
日本から送られた天正使節団や慶長使節団がヨーロッパを訪れた史実もあるわけで、絶対にないとは言い切れない微妙なラインを突いてくるセンスが堪らん。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

コミック

とんがり帽子のアトリエ(4) 通常版: モ-ニング

とんがり帽子のアトリエ(4) 通常版: モ-ニング

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

ついに4巻目。ちょっと不思議ちゃんなリチェのお話が少し出てきた。リチェがどんな子か少しだけ。アガットは周りの子にいい影響を受け、受け入れていける柔軟性が見えてきてるには、成長の証かな。 みんな少しずつ、迷いながら進んでる。

2日前

今日どこさん行くと?1

今日どこさん行くと?1

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

上司(かみつかさ)さんの5MTアルトで坂を登ったり降りたりしながら、熊本県の名所をドライブする戸部下(とべした)君。熊本県、それも熊本地震後を舞台にしており、どのキャラも熊本弁で話しているのが素朴。坂を攻めるのではなく、ただただ安全運転で熊本を満喫する作品。またTwitter上では本作の略である『#今日D』を付けて、出かけた場所をupすることも。

6日前